2012年07月20日

元滝伏流水(もとたき)

夏の暑さを少しでも和らぐ涼しさを体感できるように動画にしてみました。
dc071607.JPG
元滝伏流水(もとたきふくりゅうすい) は鳥海山に染み込んだ水分が80年の年月をかけ、高さ5m、幅30mの岩肌一体から湧き出し年間を通じて水量も安定し、滝の岩肌に広がるコケの緑と白い水しぶきのコントラストがとても魅力で身体とも癒されます。

「動画が表示されない場合」
YouTube の動画は Adobe Flash Player によってストリーミングされます。YouTube での動画の再生や表示に問題がある場合は、Flash Player の最新バージョンをインストールすることをおすすめします。それにより、YouTube 動画の再生が簡単になります。

Adobe Flash Player↓
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 00:45 | トラックバック

一番上へ戻る

2011年10月24日

天然ナメコと桃洞の滝

晩秋の頃、深山に入ると「ナメコ」や「ムキタケ」がブナやミズナラやカエデの風倒木に折り重なって生える所に遭遇することがあります。
この時期は急斜面の風倒木を探しながら沢沿いを遡上しながらキノコを探すのです。
天然ナメコ採りはナメコを探す距離をかせぐことができる体力に自信があれば、必ずナメコの群生に遭遇することができます。山菜採りでいえば、タケノコ採りでの体力消耗に似ています。

初秋のキノコ採りと比較すると落葉も始まっているため遠くの方まで風倒木があるかどうか確認することができるので非常にわかりやすいのがこの晩秋のキノコ採りの特徴です。
しかし深山は・・急斜面を目指さないと巡り合う事ができないため探す距離をかせぐことができる体力が必要とします。

動画では滝の名所と知られている所なので、散策道があり比較的に歩きやすい景色になっています。
天然ナメコの探索も散策道付近に限って撮影していますので期待するほどの収穫は望めません。
秋の紅葉の終わりを告げる桃洞、赤水渓谷(太平湖・小又峡上流部のノロ川 源流部)の深山の雰囲気を味わっていただければと思います。
桃洞滝.jpg
●桃洞滝
桃洞渓谷は全長約4キロ、赤水渓谷や小又峡同様に約200万年前に噴出した火砕流大地が侵食作用により形成された渓谷。
野生鳥獣センタからノロ川ブナ林を通り4.2km入るとシンボルの桃洞滝(20m)が現れる。さらに桃洞滝上流には支流の9段ノ滝、中ノ滝、男滝が連続する奥森吉の源流部の一つ。

ナメコ採り2.jpg
●天然ナメコ
散策道の脇のブナの風倒木に生えていた。

ムキタケ2.jpg
●ムキキタケ
ナメコ同様散策道の脇のブナの風倒木に生えていた。

エゾハリタケ2.jpg
●エゾハリタケ
このエゾハリタケは老菌ですが、若菌は食べることができます。
エゾハリタケによく似たブナハリタケというキノコも見ることができますがブナハリタケはエゾハリタケよりも小柄ですが、水分を多く含み強い独特の香りがします。

「動画が表示されない場合」
YouTube の動画は Adobe Flash Player によってストリーミングされます。YouTube での動画の再生や表示に問題がある場合は、Flash Player の最新バージョンをインストールすることをおすすめします。それにより、YouTube 動画の再生が簡単になります。

Adobe Flash Player↓
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/




ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 01:10 | コメント (2) | トラックバック

一番上へ戻る

2011年01月03日

初春/2011

新年明けましておめでとうございます。
昨年は
たくさんの方々から「自然に魅せられるブログ」のご購読、応援をいただきました。
誠にありがとうございます。

動画は2011年1月の岩手の雪山の風景です。
岩手には自然が有り余るくらいあって四季折々の自然の変化の美しさを訪れた人に堪能させてくれます。

今年も昨年同様よろしくお願い申し上げます。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 23:07 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年11月02日

ナメコと滝百選(安の滝)

秋も終りに近づくと天然ナメコ盛期も終盤に向います。
深山のナメコ採りはマツタケ、マイタケについで最も採取に苦労する「きのこ」です。しかし、その苦労も動画のような自然風景を見ることができれば心の安らぎを感じることができます。

ナメコ1.jpg
■ブナの倒木に発生していた天然ナメコ
ナメコを探すコツは沢沿いのブナの切り株、風倒木を探します。落葉で比較的に遠くからでも見つけやすいのですが倒木の裏側に生えていて正面からは見ない場合があるので必ずその場所まで行き確認します。


■安の滝(やすのたき)
秋田県北秋田市阿仁の中ノ又渓谷奥部に存在する落差約90メートルの滝。上段、下段の2段に分かれており、上段が落差約60メートル、下段が落差約30メートルである。上段と下段の間には広い空間があり(上段の滝壺)、徒歩で登ることができる。 標高約800メートル。日本の滝百選で第2位に選ばれる。

動画はこちらからもご覧になれます。→http://www.youtube.com/watch?v=hNAGgpcwFRY

「動画が表示されない場合」
YouTube の動画は Adobe Flash Player によってストリーミングされます。YouTube での動画の再生や表示に問題がある場合は、Flash Player の最新バージョンをインストールすることをおすすめします。それにより、YouTube 動画の再生が簡単になります。

Adobe Flash Player
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 23:13 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年11月01日

ムキタケと立又渓谷、一の滝

晩秋の頃、深山に入ると
毒キノコ「ツキヨタケ」と間違えられる食の「ムキタケ」がブナやミズナラやカエデの風倒木に折り重なって生える所に遭遇することがあります。

この時期は沢沿いの急斜面の風倒木を探しながら沢沿いを遡上しながらキノコを探すのです。
周囲の木々は黄葉が終りに近づき、落葉も始まっていて、遠くの方まで風倒木があるかどうか確認することができるので距離をかせぐ体力に自信があれば、必ずムキタケの群生に遭遇することができます。

初秋のキノコ採りと比較すると探すポイントが非常にわかりやすいのがこの晩秋のキノコ採りの特徴ですが深山は・・急斜面を目指さないと巡り合う事ができないキノコなので体力を要します。
山菜採りでいえば、タケノコ採りの体力消耗に似ています。

動画では滝の名所と知られている所なので、散歩道があり比較的に歩きやすい景色になっています。

ムキタケ.jpg
■ムキタケ(キシメジ科 ワサビタケ属)
毒菌のツキヨタケと形状、発生場所が酷似しているが、茎の根元を裂いて見ると「黒いシミ」があることで判断できる。山が冷え込んだり、霜が降り始めるとツキヨダケは傘に黒くシミができる。
また、ムキタケはシャキッとしているがツキヨタケは傘から融けてドロッとしている。
ムキタケの色は灰色に近いがツキヨタケは濃い茶色であるが、慣れてくるとパッと見た瞬間判断できるようになる。

動画はこちらからもご覧になれます。→http://www.youtube.com/watch?v=pW7rouxV55o

「動画が表示されない場合」
YouTube の動画は Adobe Flash Player によってストリーミングされます。YouTube での動画の再生や表示に問題がある場合は、Flash Player の最新バージョンをインストールすることをおすすめします。それにより、YouTube 動画の再生が簡単になります。

Adobe Flash Player
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 19:09 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年10月25日

天然ナメコ採りで見る風景1

岩手の天然ナメコは
近年、森林環境保護のため、ブナの伐採は禁止されていて伐採後の切り株での天然ナメコは減りつつあります。また昔の伐採は冬に行われて「馬そり」で運搬していたものが近年は林道を作ることにより、「車」での運搬が可能にし冬以外に伐採されてきました。

冬の伐採による切り株は切り口に雪が覆い、徐々に適度な水分を補給しながら腐朽さえながらキノコの発生を促します。一方、冬以外の切り株は水分の補給が冬に比べて条件が悪くなるため余程、伐採後に長雨が降り、発生する条件が揃わない限り切り株があっても発生の確率は低くなります。。
また、倒木であってもブナの木が地面に接していないと腐朽が遅くなりナメコは発生しません。

今日は沢沿いに倒れているブナの倒木のナメコを探しに真昼岳の源流に向かいました。その途中の見た風景を動画にしました。

秋の紅葉の終わりを告げる真昼岳山系の深山の雰囲気を味わっていただければ、と思います。

dc102404.JPG
■友人の竹田真が天空の滝を撮影している風景です。

奥羽山脈の分水嶺の「真昼岳」1.059mの直下には大小合わせて20以上の「滝」があります。
西和賀町、沢内、県道1号線前郷地区から秋田県、美郷町に抜ける「峰越林道」を車で25分、車窓から見られる「滝」もあれば、本格的に装備して「沢」を上ったり、山の中腹を歩かないと見ることができない滝など様々な滝があります。
湿気のあるブナの倒木は沢沿いにあることで滝を見ながら沢の遡上はタイミングがよければ天然ナメコ大群生巡り合うことができます。


この日のナメコ採りは別な山に入った仲間は収穫がありましたが、私は天然ナメコには坊主でした。
秋終盤のキノコは雨が少なくブナの倒木は乾いているからのようですが・・・・・?

※過去の天然ナメコ採取風景は→http://www.youtube.com/watch?v=JQ0XSOQTCMk

「動画が表示されない場合」
YouTube の動画は Adobe Flash Player によってストリーミングされます。YouTube での動画の再生や表示に問題がある場合は、Flash Player の最新バージョンをインストールすることをおすすめします。それにより、YouTube 動画の再生が簡単になります。

Adobe Flash Player
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 21:18 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年07月04日

岩手山/鬼又清水

岩手山は、標高2,038mの成層火山で、その秀麗な姿から岩手県のシンボルとして親しまれてきている日本百名山のひとつ。
その岩手山登山口に滝沢村馬返登山口から登る柳沢コースの登山口があり、その入口に「鬼又清水」と言う湧き水が豊富に湧いています。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 22:39 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年05月07日

5月の源流に咲く花

今年の岩手の日照時間は史上最短だったことが盛岡地方気象台の気象統計でで分かったそうです。

ここ近年は地球温暖化の影響?もあってか、常に天候不順が続き山の幸の収穫にも大きく影響しています。
今年は、さらに寒暖の差が激しく、春だったり、冬だったりの温度差が数日間続いた結果、芽が出る時期に出ない山菜が多くあります。

この天候不順の影響で山菜はもちろん、
水稲、畑作、果樹の育苗、定植作業は一週間程度の遅れが出ているそうです。

5月3日撮影の動画では特別目新しい画像はありませんが、
日当たりがいい処は山の草花の成長が良く、日当たりが悪い処は一切出ていない状況が見ることができます。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 08:56 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年05月04日

岩手八幡平の雪の回廊

5月の連休は皆様どうお過ごしでしょうか?

昨日、今日の岩手はようやく桜が満開になりました。

一方、岩手山周辺の山々は残雪が多く、まだ冬の景色を見せてくれます。

また、そんな岩手県は桜と雪の回廊を同日に見ることができる数少ない観光スポットでもあります。そこで八幡平のアスピーテラインと樹海ラインの雪の回廊を車で走ってみました。
6月にもなるとこの山一帯は姫竹(ネマガリタケ)、10月にはナメコを採るために入る山々です。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 20:25 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年04月17日

4月の山菜採り調査

気象庁によると、強い寒気が流れ込んだため、
各地で3月中下旬の寒さとなり、
関東地方は16日も寒さが続き、
山沿いなどでは季節はずれの雪となったそうですが、
東北地方でも南部を中心に山沿いで少し降ったものの、
北部では小雪がぱらついた程度で意外と春向きの天候でした。

そこで3月には雪があっていくことができなかった岩手山周辺に山菜調査で歩いてみました。

※明日、山菜プレゼントの当選者の発表をいたします。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 21:18 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年03月23日

3月の山菜採り!?

ここ2か月程体調を崩しましてブログは休稿いたしておりました。
皆々様から、
たくさんコメントとかメールでご心配、お励ましをいただきました。
誠にありありがとうございました。
何とか復帰でるまでなりましたので再スタートです。
改めて・・・ご購読、応援よろしくお願いいたします。

連休の3月22日の快晴の時に岩手山周辺の山菜エリアを探索してみました。暖かい地方では桜の開花宣言だ出たようですが・・・岩手はまだまだですが山菜(フキノトウなど)はどうでしょうか?



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 15:51 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年02月01日

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
皆様方の温かいご支援に支えられまして、ブログ「俺の家は高性能!」は3年半、「自然に魅せられるブログ」は5年目に入ることができました。
ご助言やご紹介、ご協力をいただけた方々、ブログを読んでいただけたけた方々、すべての方々に厚くお礼申し上げます。

今年もご購読、応援を昨年同様よろしく、お願い申し上げます。(昆寛)

動画は元旦に撮影した「冬桜!?」です。↓



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 17:18 | コメント (3) | トラックバック

一番上へ戻る

2009年12月16日

岩手山馬返し登山口

岩手山は、標高2,038mの成層火山で、その秀麗な姿から岩手県のシンボルとして親しまれてきている日本百名山のひとつ。
南面、北面、東面とそれぞれ見える姿が大きく異なり、冬に東面にかかる白い前掛けが朝日に照らされるときれい。

また岩手山の裾野には八幡平市、滝沢村、雫石町が拡がっていて山菜、きのこの宝庫になっていて、私の主な採取エリアとなっています。
この日は冬バッケ採りの帰りで・・・途中の岩手山馬返し登山口に寄ってみました。

登山口には積雪がないものの、岩手山の5合目以上は積雪あります。
登山者も数人程度のようでパーキングには駐車している車は4、5台でした。

この日(13日)は遭難者騒ぎでヘリコプターによる捜索がされていました。
冬の登山は気をつけて楽しんでほしいものです。

関連記事:冬のバッケhttp://blog.kirinkan.biz/2007/12/post_460.html



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 16:23 | トラックバック

一番上へ戻る

2009年12月02日

岩手山・焼走り溶岩流

岩手山の麓に長さ約3km、幅約1kmに渡って広がっている焼走り溶岩流(やけはしりようがんりゅう)は、1719年(享保4年)に岩手山の噴火によって流れ出た溶岩が固まってできた国の特別天然記念物です。
(噴出年代は1732年)

溶岩は小さいものでは大人の拳ほど、大きいものは直径1mに達するものもあり、溶岩流の厚さは観察路一帯では5〜10mほどと言われていて焼走り溶岩流を横断するように遊歩道(観察路)があり、大自然の迫力を満喫しながら歩くことができます。

特に秋の紅葉の時期には周囲の紅葉と溶岩流の黒色の荒涼とした風景は一見の価値があります。
岩手県出身で「銀河鉄道の夜」で有名な宮澤賢治は、「鎔岩流」という詩を作り、観察路の終点には碑が建てられています。

yakehasiri.jpg
写真はブログ仲間の「小さな手紙」の管理人のNさんのブログからお借りしました。
       ↓

http://keikono2.exblog.jp/3089759/

焼走り溶岩流の目の前には約300台停めることのできる無料駐車場があり、焼走り溶岩流の見学や岩手山焼走りコースからの登山、焼走り国際交流村(キャンプ場や温泉施設など)の利用に便利です。
詳細は→http://www.yakehashiri.com/kansatu/kansatu.html



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 21:23 | トラックバック

一番上へ戻る

2009年07月17日

オレンジ色の山の花の名前は?

最近、山の花に興味を持ち始めました。

きっかけは、○○大学の依頼で抗癌作用の調査のために研究用の山菜の採取をしてからです。
春は山菜、夏は山の花、秋にはキノコ、木の実などですが
採取できない花、草木もあるので前もって画像、名前で報告するのです。

ところが
山の花はズブの素人で・・・さっぱりわかりらず困ったものです。
山菜、キノコもそうですが花の本とかインターネットで調べても・・・
微妙な部分もあって的を得た答えが出ないのです。

動画の花は・・・キク科のような気がしますが答えが出て来ません。
色はオレンジ色です。・・・・・ご存知の方はお教え下さい。

※ちなみに山菜で現在公表できる抗癌作用のある山菜は「シドケ」「ヤマウド」です。
その過去の記事はこちら↓
http://blog.kirinkan.biz/2009/05/post_573.html



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 21:39 | コメント (2) | トラックバック

一番上へ戻る

2009年05月15日

丸秘の場所へ山菜採り

山菜採り、きのこ採りをする人達は
誰でも丸秘のポイントを持っています。

当然、そのポイントは丸秘なのだから自分しか行かない他の人は知らない場所となる筈です。
その丸秘のポイントとは人が入ることを拒むような深山であったり、
人が入りやすい里山の場合では山菜、きのこが常識では考えられない場所に・・・・何故か生えている場合には山菜採り、きのこ採りが入らないので偶然に発見した自分だけが・・・自分の「畑」(丸秘)の場所となります。

しかし、山菜、きのこ採りのプロに言わせれば
マル秘の場所は95%以上は存在しないのが常識で自分ではマル秘の場所と思っていても実は最低7人の競争相手がいることを知れ!・・ということが常識になっているのです。
だから、丸秘と思っていても・・・誰かに採られないようにその時期になると、朝早く何度も確認のためその場所に出かけるのが山菜、きのこ採りプロの日課となるのです。

そんな自分だけだと思っているマル秘のポイント?に
タラノメ、コシアブラ、ヤマウド、ギョウジャニンニクを採りに出かけました。

このマル秘の場所に行くためには
45度の急斜面を(地滑りで林道がなくなった斜面)を3箇所超えなければならないため・・・・・・・・
滑落する危険がいっぱいです。
あるいは熊との遭遇も考えられます。

そん危険地帯ですから自分だけの丸秘の場所と思っているのですが・・・本当はどうでしょうか?
その危険地帯の風景を動画で撮ってみました。

この撮影場所は車を置いて1時間林道を歩いた地点です。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 16:58 | トラックバック

一番上へ戻る

2009年04月29日

ハワサビに囲まれた名水

ここ最近は天然のハワサビは山奥の沢に入らないと見当たらなくなってきています。20数年前頃では渓流の中流域でも釣りをする足元に沢山生えていたものでした。

20数年の間に少しづつであっても根こそぎ採られることで減少しているのが現状です。採取には根を残し、茎から上の葉を中心に採取してほしいものです。

ハワサビ.jpg
岩手県の名水20選の中に八幡平市の長者屋敷太刀清水という名水があります。
小川の流れる緑地帯の中に朱塗りの太鼓橋や東屋などを設けた長者屋敷公園の一角に木立に囲まれた高さ10m程の岩壁の割れ目から清水が湧き出しています。

当地の大盗賊を討伐に来た坂上田村麻呂が、
天皇より下賜された太刀をこの水で清めたとも言われています。

その湧水の周囲に見られるのは・・ハワサビであることを知っている人は以外の少ないようです。

長者屋敷太刀清水の案内図
http://www.city.hachimantai.lg.jp/kankou/spot/cyoujyayasiki.html



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 00:35 | トラックバック

一番上へ戻る

2009年04月24日

八幡平の雪の回廊

今日、現在の岩手は
桜と雪の回廊を同時に見ることができる時季になりました。
そこで八幡平の樹海ラインの雪の回廊を車で走ってみました。
6月にもなると姫竹(ネマガリタケ)、10月にはナメコを採るために入る山々です。


●樹海ラインの回廊を車で走る。

●樹海ラインから見た4月の岩手山

※5月の連休には岩手に来て見ては!
この時季には山菜のタラノメ、コシアブラ等が採れますよ!



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 20:58 | トラックバック

一番上へ戻る

2009年04月18日

フキノトウ(バッケ)採り2

先週はポツポツとフキノトウが顔を出しているものの数が少なく少し早い状態でした。

今日は桜の開花が昨年より1週間ほど早まるということで、フキノトウも桜の開花に合わせて採りに来てみました。

残念ながら予想に反して、
日が当たるこの場所はすでに葉が開き花の蕾が見える状態でした。

採り頃のフキノトウは残雪の中、またはその周囲に限られるようです。
沢沿いを残雪の周りに眼を凝らして手頃なフキノトウを見つけます。

baltuke2.jpg
残雪の下には
頭出しし始めたばかりのフキノトウがたくさん見えています。
(赤い小指ようなものがこれから芽を出そうとしているフキノトウ)


その残雪の中から写真のような↓姿、サイズのフキノトウを選別して採取します。

フキノトウ2組写真.jpg

バッケ.jpg
●採取した中からさらに選別して出荷用に振り分けてご注文の皆様にお送りいたしました。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 21:30 | トラックバック

一番上へ戻る

2009年04月15日

刺巻湿原の水芭蕉群生地

水芭蕉は桜の花が蕾の状態で
山菜のフキノトウの花が開く頃が花咲く頃です。

桜の花で有名な秋田県角館市の花見に先立ち、
この田沢湖町刺巻湿原では水芭蕉の群生と、座禅草とカタクリの花がが見ごろとなっています。

水芭蕉.jpg

刺巻湿原ミズバショウ群生地
刺巻湿原ミズバショウ群生地刺巻湿原(さしまきしつげん)は広いハンノキ林に囲まれています。
湿地帯一面に白く花が咲くのは珍しく、国道や鉄道路線に近い山間に、このような群落とハンノキ林があるのが学術上でも貴重です。
仙北市のHPより引用

交通アクセス
JR田沢湖線利用で刺巻駅下車徒歩15分 
またはJR田沢湖駅より羽後交通バス「急行秋田線」利用で刺巻駅前下車徒歩15分



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 22:35 | トラックバック

一番上へ戻る

2008年04月28日

源流沿いの花たち

5月連休前のイワナが釣れる源流沿いでは
薄紫色の「カタクリの花」と白色の「ニリンソウの花」が源流に春を知らせてくれます。
カタクリもニリンソウも山菜の一つとして食べられるのですが、岩手では鑑賞用になっています。
一時期、乱獲されて減りつつあった「カタクリ」も保存運動のお陰で最近は昔の個体数に戻ってきていて、源流沿いを散策すると一面にカタクリの花が咲いている場所があちこちにあってとても心が和むのが嬉しい。

この時期のポピュラーな山菜と言えば「コゴミ」ですがまだ芽を出していない状態。
あと3日程でコゴミ採りもできるかも!



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 09:58 | トラックバック

一番上へ戻る

2008年04月03日

名水百選「金沢清水」

岩手山の麓に湧き出す7つの伝説の泉のある金沢清水
環境庁の名水百選に指定された湧き水群は清涼で透明度も高く、
一日水量11万トンという豊かな湧水は、淡水魚養殖、灌漑用水など多方面に利用されています。
特に観光客もペットボトルとかポリタンクに汲み取るほど人気の水
(無料です。)

この金沢清水の水中の群生している水草は・・・なんと!!
山菜の「セリ」であることはあまり知られていない。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 22:25 | トラックバック

一番上へ戻る

2008年03月30日

春のお知らせ!?

東京では桜が満開だそうですがここ岩手の桜は蕾の状態です。
急激に温かさが増しているため例年よりも10日程早めに花見ができそうですが花見の前に春の到来を楽しめるのがこれ!


●ネコヤナギと水芭蕉と座禅草の発生風景



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 13:13 | トラックバック

一番上へ戻る

2008年01月02日

賀春

新年明けましておめでとうございます。

昨年のキノコは稀にみる時期外れの発生が多く見られた年でした。
かと言って、収穫にもバラつきがあって収穫もままならない状態でした。
地球温暖化のせい?で暖かいため気温が下がらないのが原因のようです。
特に岩手のブナに生えるナメコ、ムキタケには大きく影響しました。
また、地域によっては豊作のようでしたがナラタケ、マツタケ、ホンシメジも不作の年でした。
今年はどうなんでしょうか?
雪が少ないと不作の年のようですが今年は昨年より雪が多いようで豊作を願うばかりです。
今年は山菜もキノコも動画で採取風景を(発生する風景、採取する風景等)レポの予定です。
現在は試験的に写真を動画風にしてUPしています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

●昨年の四季折々の風景(写真:竹田真撮影)



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 00:00 | トラックバック

一番上へ戻る

2007年12月30日

神山の秘水

岩手山の麓、網張、雫石方面に山菜、きのこ採りに出かけた帰りには必ず寄る所に岩手山神社があります。
多くのそば屋さんではこの水を使用しないと美味しくないと軽トラックにポリタンクを積んで汲みに来るほどの名水になっています。
(勿論、私もポリタンク持参です。)
普段、水道水を飲んでいる人はこの水を一度でも飲んでみると水道水は何と薬臭いかがわかり、この秘水に病みつきになります。
(日本茶、紅茶、コーヒーには最高!!)

なお、秘水は原則的には無料ですがお気持ちの料金を払いましょう。岩手山神社の秘水.jpg
●岩手山の「神山の秘水」の公的成分表です。
岩手山神社までの案内図
http://www.chizumaru.com/czm/objlist-03G1001X507863.227Y143312.749S500D643@000042.htm



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ   人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 16:59 | トラックバック

一番上へ戻る