« ・フキノトウとキノコの異常? | メイン | ・お願い! »

2006年04月23日

・4月の山菜と釣り

岩手の桜はまだ蕾の状態
里の「フキノトウの花」は開き「タラノメ」も蕾ですが
山の山菜はどうでしょうか?
山菜調査を兼ねて
設計事務所を経営されているYさんと釣りを楽しみました。

w組写真.jpg

写真1:残雪がいっぱいの早池峰山正面に見える山は高山植物で有名な早池峰山を見ながら林道を走ります。
林道脇にはまだ雪が残っていてフキノトウも顔を出していません。
後1週間もすると、ここは「バッケ採り」のおばちゃん達でいっぱいになります。

写真2:今日の釣りをする渓流
山越えをして車で20分も走ると渓流沿いにはもう雪はありませんが雪代で平常時の2倍の水量です。
風も強、く釣りにはちょと難しい条件ですが竿を下ろしてみます。

写真3:ハワサビ周囲の木立はまだ蕾でしたが「ハワサビ」がしっかりと成長しています。

写真4:ノカンゾウ集落がある付近にくると渓流沿いの土手にはたくさんの「ノカンゾウ」もしっかりと成長しています。

yamauti .jpg

写真5:小沢に生えるハワサビ達
まだ点々としかハワサビが出ていませんが、もう少しでこの一帯がハワサビで埋まるのです。
その時が釣りには最も食いがいい時期となります。

写真6:Yさんの釣り風景
雪代で水かさが増している時は水温が低く魚の食いが悪いのですが、たるみ、岸の浅瀬に餌をいれます。
そのため平常時よりポイントが少なく釣果を期待するには距離でかせぐようにします。

写真7:ヒットしたヤマメ
平常時では釣れない浅瀬、砂地のポイントでヒットです。
多少の濁りが「フトコロと餌時点」のポインを変えているようです。

写真8:Yさんがヒットしたヤマメを引き寄せている風景
23cmのサイズでしたが早春のためまだ痩せています。
5月中旬のこのクラスでは引きが強く釣り上げるには「抜きの技術」が必要となります、。

q組写真.jpg

写真9:ヤマメ 写真10:外道の尺バヤ 
写真11:イワナ写真12:ハワサビとヤマメとイワナ
1箇所のポイントで釣り上げたもの。

●5月の連休を挟んで山菜も釣りも最盛期に突入します。


おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2006年04月23日 10:11

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1065

コメント

今日も長野は雪が不利そうなほど寒かったし、
今年は山菜も遅くないですか?
先日林に入ってみたけどノビル・ノカンゾウ・フキノトウぐらいしか発見できませんでした。コシアブラはまだ1cmに満たない小さい芽のまま。

GWは忙しいから、外して出てきてくれると嬉しいんですけどね。

投稿者 yoyo : 2006年04月25日 22:56

今日はフキノトウとギョウジャニンニクと注文があって山に入ってみました。岩手も同じくノカンゾウ、アサツキ、ハワサビはまだ小さく、フキノトウは終盤です。桜の開花の状況をみるとGWがピークのような気もしますが、里の山菜は去年より早いのですが今日の様子では山の山菜は5日くらい送れているような気もします。したがって岩手のタラノメはGWの後半から最盛期になるかと思っています。
帰りには「みぞれ」が降ってきました。山は残雪が多いです。

投稿者 昆寛 : 2006年04月25日 23:28

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)