« ・山ウルイの回想写真 | メイン | ・渓流釣り解禁! »

2006年03月05日

・水芭蕉と座禅草

dc080710.jpg

●竹田 真:撮影(水芭蕉の群生)


**座禅草の写真は**


natmzazennsou.gif

座禅草(ざぜんそう):サトイモ科ザゼンソウ属

紫斑のあるもの(ウズラザゼンソウ)、緑色のもの(アオザゼンソウ)があって花を咲かせる際に発熱する珍しい植物。
発熱は、肉穂花序(にくすいかじょ)という部分でおこり、その温度は30℃近くにまで達し、驚くべき事に夜間外気温がマイナスにまで下がっても、座禅草の肉穂花序は、発熱によりほぼ25℃近くに保ち 時々座禅草が咲いている周りの雪が解けている。
座禅草に
よく似た植物に水芭蕉(みずばしょう)がありますが、座禅草のような発熱能力は無いそうです。
座禅草の分布は、日本を含む北東アジア、シベリアおよびアメリカ東海岸の一部に限られ、日本では達磨大師が座禅をしている姿に見たてて座禅草という名前をつけたとか・・・・・・・。
またアメリカではスカンクキャベツと呼ばれいるそうで、座禅草の花が異数を異臭を放つということと、その葉の形がキャベツのはっぱと似ていることに由来しているそうです。
座禅草が発熱する理由については、その温度と匂いで昆虫を誘い寄せて受粉率を高めるためではないかと言われているそうです。

岩手ではそう・・多くは見られない。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2006年03月05日 00:38

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/981

コメント

水芭蕉の群生地の写真、素敵ですね。
我が家の近所には、ゴミが捨てられているような日陰の沢に坐禅草や水芭蕉が生えています。でも、今年は雪が多かったせいか水芭蕉は葉っぱが痛んでいて花は細長く貧弱でした。

投稿者 aomorifoodkey : 2006年04月14日 00:30

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)