« ・正月の門松 | メイン | ・はかない冬の風物! »

2006年01月05日

・タバコの煙で住宅の性能がわかる!

隙間の大きさで住宅の性能を知るに続いて
タバコの煙で住宅の性能がわかる方法です。

タバコにこだわりません煙が出ればいいのであって線香でもOKです

正確に知る方法は換気風量測定器で計る方法がベストですが煙の流れを見て簡易に性能の良し悪しを見分けることができる方法です。
ただし、この方法は給排気口がついた24時間換気システムに有効です。

従来の住宅は換気扇はトイレ、風呂、台所につく局所換気扇というもので使用する時はスイッチONにして使用しない時はOFFにするという使用者の意思によって使うものでした。
また新鮮な空気を取り入れる吸気口がありません。
何処にあるかわからない隙間からの給気(外部から吸気する所)を期待するアバウトな換気方法でした。

最近の住宅は何処から給気して何処に排気するのかを明確するように24時間常時換気が義務付けられました。

換気風量測定.jpg

●写真は排気量を換気風量測定器で測定している風景

しかし24時間換気が設置された住宅であっても性能が良い住宅とはいえない場合があります。
換気の風量測定する場合は一般的には排気口に測定器を当てて(写真のように)排気量を測定します。

住宅の換気容積が300m³ある場合数箇所の排気口を測定してその合計が150m³あれば1時間に半分の空気が入れ替わることがわかります。
しかしこの測定方法では換気のモーターの能力を調べるためだけであって気密性能が低い住宅でも同じ換気量が測定されてしまいます。
それではどうすれば簡単に気密性能がわかるのか?
それは排気口だけでなく給気口も測定しなくてはならないということなのです。

気密性能が低い住宅の場合は排気口の付近の隙間が給気口となってしまい、あらかじめ設置された給気口からは殆んど取り入れることができません。
何故かというと
例えばストローの先が給気口で口元が排気口とした場合、吸った分100%の空気が給排気されるのですが、若しストローに針の穴が開いていた場合は針の穴からも給気されるのでストローの先からの給気は当然少なくなってしまいます。

単純にこんな理由で気密性を高めると給気が十分なされることがわかります。
前回
「隙間の大きさで住宅性能を知る」
で説明いたしましたが気密の低い住宅の場合は1Fの隙間から給気されて2Fの隙間から外に排気されてしまいます。
そこで計画換気システムの給気口にタバコ等の煙でその給気口に煙をかざして試してみます。

気密性のガ高い住宅の場合は1F~2Fの給気口に煙をかざすと奇麗に室内側に流れてきます。
一方気密性能が低い住宅は特に2Fの給気口からは室外に出て行くか、流れてもよどんだ流れ方をしてしまいます。

住宅の性能を高めるためには気密測定試験をすることの他に換気の風量測定試験もする必要があります。しかし残念ながらどちらの試験も義務付けはされていません。
換気についての詳しい情報はこちらをご覧下さい
            ↓
   「アトム建築環境工学研究所」

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2006年01月05日 02:50

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/786

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)