« ・ヤチボリ採りの想い出! | メイン | ・マンションの結露対策(2)は可能? »

2006年01月11日

・マンション結露の改善策とは!

●マンション結露の現況(1)●
今日は実際に結露で悩まされている現況報告です。
改善方法は明日から2回に分けて報告いたします。

下記リンクの写真は結露対策しないまま内装のリォームをした直後の状況です。
http://blog.kirinkan.biz/archives/2005/12/post_206.html

下の写真は上記リンクの隣の部屋で
住人が住んでいて結露が発生している状況です。

dc121317ann  .JPG dc121306ann  .JPG
写真1:玄関扉(北側)
玄関のドアクローザーの上枠から水滴となって下の方に流れ落ちている。
特に外部側の玄関の下に水滴が流れ、共有通路にまで流れて凍っている。

写真2:北側の窓周辺
窓を中心に入隅(コーナー部分)全体が結露が発生している。


dc121307ann  .JPG dc121308ann  .JPG

写真3:北側の窓の結露
この窓は後付の二重サッシであるが内外とも窓面半分以上が水滴で覆われている。
外部のアルミサッシは下レールは凍って開閉ができない。

写真4:室内窓のコーナーが最もひどい
クロスと室内窓に隙間がないように見えるが隙間があると思われる。

dc121319ann  .JPG dc121309ann  .JPG

写真5:南側の二重サッシの中間層の額縁
この日は結露に侵されていなかったが何度かの結露で額縁に腐朽が始まっている。

写真6:北側のコーナー部分
コンセントの隣のFFヒータ用の排気口を中心に結露、カビがひどい

dc121310ann  .JPG コピー (2) ~ dc121305ann  .JPG

写真7:露点温度計での調査風景

写真8:北側の天井
黒いシミのカビが発生している。


dc120815ann  .JPG dc121610ann  .JPG

写真9:押入れの天井
ローコストマンションのため天井高が低いため断熱材が表しとなっている。
壁は石膏ボード表し仕上げ、結露で茶色に変化している。


写真10:共有通路に設置されているパイプシャフトの扉
扉は薄い断熱材が貼られているが扉自体も結露でひどい。
特に扉枠からは水滴となって下に流れ落ちていて通路は凍っている。


おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2006年01月11日 01:18

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/798

コメント

昆寛さま
TBありがとうございます。
北国は、結露もきついことでしょうね。
私は数年前に山荘を建てましたが、訳あって
手放しました。いずれまた、森に家を建てる
夢を、大きく持っていますので、その際は、
いろいろお教え下さいね!

投稿者 せおり : 2006年01月12日 20:32

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)