« ・冬に咲く花 | メイン | ・南部の片富士(岩手山) »

2005年12月08日

・マンションの結露対策(現況)

毎年冬になると
特にマンションにお住まいの方から
結露対策の方法の相談が増え始めます。

そこで低コストで結露対策をする方法を実例に基づいて解説したいと思います。

今日お邪魔した物件は10年前に建設された2LDK賃貸マンションです。
(写真の室内状況は壁、天井が結露で汚れてカビが発生したためクロス貼り替えたばかりの様子ですが特に北側の部屋は窓、壁、天井、押入れは結露がひどく、玄関ドア全体が水が滴り落ちる状況)

一般にマンションは木造住宅に比較して気密性(隙間が少ない)が高く、
換気扇もユニットバス、トイレ、台所の3箇所が設置されています。
断熱材は15~20mm程度の厚さで施工されていて
窓は外部がアルミサッシで内部に後付のプラスチックサッシがついています。
暖房機は北側、南側にFFヒーター、LDKに冷暖房のエアコンが設置されています。

表面温度計で天井、壁、床面の温度を測定:外気温は2℃
北側の部屋と玄関を除いて平均表面温度は15℃となっています。
(但し暖房未使用時)

玄関は10℃、北側部屋13℃、相対湿度の平均は56%
この状態では結露は発生していない。

換気量の測定
トイレ、ユニットバスの各換気量は14m3/h、
台所のレンジフードは50m3/h
合計78m3/hの換気量であった。

keturo5.jpgdc120808ann  .JPGtoire.jpg

写真1:玄関・写真2:トイレ・写真3:ユニットバス

keturo.jpgketuro7.jpgketuro8.jpg

写真4:南側の部屋・写真5:南側のDK・写真6:北側の部屋

keturo daidokoro.jpgketuro1.jpgdc120814ann  .JPG

写真7:台所・写真8:北側押入れ・写真9:天井断熱材 

このような現況の賃貸マンションの結露対策は明日投稿いたします。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年12月08日 23:47

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/708

コメント

この続きがぜひ読みたいです。お待ちしています。

投稿者 おかもと : 2006年01月07日 07:57

おかもとさんへ
コメントありがとうございます。
続きは少しお待ち下さい。
今週中にはと考えています。
またコメントいただければ励みになりますのでよろしくお願いいたします。

投稿者 昆寛 : 2006年01月09日 03:21

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)