« ・「カリン酒」プレゼント | メイン | ・小さな親切、余計な御世話? »

2005年11月28日

・自然に魅せられる一瞬!

カラマツ林の冬.jpg

●冬のカラマツ林(竹田真 撮影)
カラマツ林はハナイグチと共生することで知られている。
運がよければ、ハナビラタケに出会えるかも知れない。
晩秋になると黄金のジュウタンが一面に敷かれ
キヌメリガサ(ラクヨウキンタケ)にも出会える。
さらに初秋の早朝にカラマツ林に行くと幻想的な風景に出会うことができ
「自然に魅せられる」一瞬を垣間見ることができる。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年11月28日 23:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/674

コメント

 私は、信州のカラマツ林の素晴しさを、よく知っています。
もう永いこと、訪れもできずにいますが・・・。懐かしい。
 早春のやさしい色の芽吹きに始まり、夏の涼しさ、秋の黄金色、陽のさす冬の林まで、何とも美しい樹種ですね。
 そちらにも、植林されているのですね。いいなぁ。

投稿者 桜沢 せおり : 2005年11月29日 21:24

こんにちわ。冬の景色きれいです。希林館のほうの岩手のフォトのところから冬景色が 壁紙に出来るってなっていたので
ずっと魅とれてしまいました。ついでにPCの壁紙にしました。 唐松ときくと そのような詩がありましたね♪

投稿者 あらかし : 2005年11月30日 09:40

桜沢 せおりさんへ
岩手ではカラマツの植林は限定されていてそう多くはありません。むしろ最近は雑木林を伐採して杉を植林することが多くなりました。ご存知のようにある時期は雑木林の切り株にナラタケが発生しますが杉の木が大きくなり日差しが少なくなり、切り株も腐朽してナラタケも終わって暗くジメジメした環境になってしまいます。また杉林が多くなる事により山の雨の貯水能力が減って河川が洪水なり・・・それで河川をコンクリートで作るためその周囲の自然環境が破壊されるという悪循環になっています。それでもまだ岩手は自然がいっぱいです。
いつか岩手にいらして下さい。

投稿者 昆寛 : 2005年12月03日 00:01

あらかしさんへ
岩手のタコスミさんの岩手の自然のHPに訪問していただきありがとうございます。若いのにプロ級の腕前です。私が撮りたいのに技術がなく撮れない風景を全部伝えてくれる人です。
時々彼にコメントをお願いたします。
いつもありがとうございます。

投稿者 昆寛 : 2005年12月03日 00:17

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)