« ・殺人事件かと思わせる「きのこ」 | メイン | ・牛糞上で育つ食べられる「きのこ」 »

2005年07月04日

・食べて死ぬかと思った「毒きのこ」

これは「カキシメジ」という猛毒きのこです。

岩手の方言で「カキモダシ」
雑木林、広葉樹の林内の地上部分によく発生するきのこで
ツキヨダケ、クサウラベニタケと共に、中毒例の多い毒きのこ
見た目は最高においしそう!・・
初心者は「食べれるんですか?」とあれば採ってしまう「きのこ」なのである。

●食べて死ぬ思いを経験した主人公は
「希林舘自然クラブ」のメンバーの○○さん一家です。
○○さんがきのこ採りの初心者の頃の話ですが、
ギンタケ採りに行った際に
見た目で食べれそうなきのこを片っ端から摘んできて
一応近所のよくきのこを知っている人に鑑定してもらったら
OKだったので家族の夕食の味噌汁に入れて食べたそうです。

家族の一人、息子さんを除いて本人、奥様、次男の3人が就寝時に
宝くじならぬ「毒きのこ」に見事に「あたった」のです。
腹痛から始まって、下痢、嘔吐の繰り返しで・・
救急車のお世話になった次第。

初めての経験で死ぬかと思ったそうです。

以来、通称プロだと言われている○○さんも家族には信用がなくなり
現在でも誰でも知っている安全なポピュラーな
「ボリ、ナメコ、マツタケ、シメジマイタケ」しか食べてくれない・・
と嘆いています。
その他の食べれる「きのこ」はすべて近所に配って終りだそうです。

(もったいない!)

●私の経験から言えば
山菜、きのこは種類が多く本の写真だけでは判断できないのが実情です。
例え現物を見ても判断できないと思っています。
より多くの種類を判別する方法はどんな木に、どんな山に、どの向きに
発生する時期は何時なのかを判断できる先輩に同行することなのです。
あやしいものは絶対に口にしないことです。

dc100311.JPG

写真1カキシメジ
これと似たものに「マツシメジ」があるが松林に群生するのが「マツシメジ」
雑木林、広葉樹に群生するのが「カキシメジ」で区別されている。

dc100312.JPG

写真2写真1の「カキシメジ」を裏から見たところ

dc100348.JPG

写真3これも同じ「カキシメジ」
陽が当たる加減で傘の色の茶色が全体に覆っていて、傘の裏は少し黒ずんでくる。

dc101730.JPG

写真4:撮影日が違うが「カキシメジ」が発生していた風景はこんな感じです。
目的は「ギンタケ」採りでしたが「カキシメジ」が見事に群生していました。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年07月04日 22:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/121

このリストは、次のエントリーを参照しています: ・食べて死ぬかと思った「毒きのこ」:

» 安全都市シドニー from 馬鹿と煙
シドニーは世界でも安全都市の部類に入る。事件の発生率も少なく、殺人事件も殆どない。殺人事件といえば数ヶ月前に日本人のワーホリが人を殺したという事件くらいでその後... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月21日 18:29

» 至福のきのこ料理5:解毒きのこご飯 from ハイジの白パン
ここ2週間ほど忙しくて、ちゃんと料理を作る余裕がなくなってしまい、外食やお弁当 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月27日 10:45

コメント

ひだかです。私が投稿した後名前がおかしくなってしまうのでそのままにしてますが、昆さんのパソコンでは正常ですか?あれ?私が見るところを間違ってたのかも・・
 私たちはシルバーのステップワゴンです。日曜の朝5時半からつり始めました。彼2匹私3匹です。大きさは私が釣った22センチのヤマメが1番大きかった。後は、彼と私で、ヤマメ2匹イワナ2匹ずつ釣りました。どれも私がつったほうが大きく彼は最近ちょっとしょっくらしいです・・・今回彼の竿が1本折れた事情で私が240mの竿しかなく、やりたいスポット探しと、つい、ミズとりに夢中に私・・で釣りしてた時間はみじかかったです。(本当に悔しかった。もっと小さい川だったらよかったけど、あそことあそことあっちと・・・さかながいそうなところに糸が届かない。)ってことでもう1本竿、買っちゃいました私。名人は何センチの竿使ってますか?私は背が小さいので(140センチ無い)あんまり長いとあつかうのが大変で。でも、超立派な極太ミズがとれました。今年1番立派!

投稿者 ひだか : 2005年07月05日 10:46

ごめんなさい。やっぱり投稿者のところ、見る場所まちがってたみたいです。
 シオデの投稿とか山菜類の投稿は以前見させてもらってて、いいなーシオデって思ってたのです。ツリガネニンジンって美味しいって本にはありますけど、そうでもないんですか?? 
 今度は私が目の横を虫に刺され、なんともないと思ってたら次の日ぱんぱんにはれ、熱をもっています。何に刺されたかわからないし顔だし、肌を出さないように気をつけても目だけは隠せませんから困ってしまいますよね。

投稿者 ひだか : 2005年07月05日 10:52

いやー、私も一番難解なのが「カキシメジ」ですね。
コレと言った明らかなる見分け方がない。

湯でこぼして塩蔵したら毒が抜けるというウワサを
聞いたことがありますが、本当かどうか?わかりません。

投稿者 荻田毅 : 2005年07月05日 10:55

ひだかさんへ
私が渓流で使用している竿の長さですが4.5mと4.9mと5.3m7m前後の超硬調の使い分けをしています。
多くは5.3mを使い短くしたり長くしたりして使い分けしているのですが、大きい川などは川の中程まで入りポイントを狙います。
仕掛けの鉛は何を使っていますか?(私は理由があって板鉛りを使用しています。・・後でお教えいたします。)
トトキはおいしくて有名ですが私はそれ以外の山菜採りに夢中なための沢山採らないのです。
虫刺されの件ですがよく判りませんが「アブ」であればバンバン腫れますし、緑色の毛虫は腫れはそう大きくないのですが火傷をしたような痛みになります。
私は滅多に刺されることがありません。
(釣り服はけっこうラフで首、手首は露出しています。)

投稿者 昆寛 : 2005年07月05日 23:55

荻田毅さんへ
ツキヨダケも一番塩に漬けると食べれるとかの話がありますが信用できないと思います。無理して毒キノコを食べるよりおいしいきのこが沢山あるわけですから
・・お互いに挑戦はやめましょう。
毒キノコに当たったら大変です。
萩田さんは「胃ケイレン」の経験ありますか?
あの痛みが続くのです。

投稿者 昆寛 : 2005年07月06日 00:02

こんにちは! TBありがとうございました。TVの取材ですか。ちょっとしたイベントですね。
素人はつい「食べれそう」というカンだけでキノコ狩りをしてしまうので、キノコに当った方のお話は貴重ですね。私は買ったものしか食べれませんが。
今日から私のブログも更新再開したので、きのこ料理TBさせていただきますね。簡単なのでお試しください。

投稿者 らんこ : 2005年10月27日 10:47

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)