« 山菜簡単クッキング(9)「シドケ」 | メイン | イワナ釣りしながら川辺の山菜を探すの続き »

2005年04月27日

山菜簡単クッキング(10)「ヤマウド」の1

今日は

●「ウドの大木」「ウドの煮え太り」という諺があるように、
たちまち大木になる多年草の「ヤマウド」のレシピです。

最近はスーパーでも販売されている「ウド」ですが、
栽培物は独特な味、香りが極端に少なく食べやすいいのが特徴ですが・・・

一方天然物のヤマウドは独特な香り、苦味で人気があり、
さっくりした歯ざわりもさわやか、一度食べたらくせにそんな山菜です。

その前に

その「ヤマウド」が生えている風景と採取風景・・・こんな感じで採取します。

dc0326215.jpg dc0326216.jpg

写真1と2:ヤマウドを根元からナイフで切り取って根は残します。
来年も同じ場所から生えて採取できるからです。


dc0326214.jpg dc0326217.jpg

写真3:食べ頃のヤマウドはこんな風に生えています。

写真4:切り取ったヤマウド

■ヤマウドと身欠きにしんの煮物

dc032687.JPG

「作り方」

ヤマウド500gを皮ごとよく洗い、
縦二つ割りにして、3cmくらいの長さに切り、水にさらしてアクを抜きます。

ジャガイモ2個
皮を剥き、乱切りにして、水にさらしてアクを抜きます。

身欠きにしんを4本
米のとぎ汁をかえながら一昼夜つけもどして、ウロコを除いて4つに切ります。

だし3カップに③を入れて、アクを取りながら煮て、
ジャガイモとヤマウドを加えて酒大さじ2を入れて煮つめます。

⑤少し煮てから、砂糖大さじ3を入れて、
八分どおり煮えたら、醤油大さじ3を3回分けて加え、
更に、塩小さじ1/2を入れてゆっくり煮詰める。

⑥お皿に盛って、木の芽をのせて完成です。


おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2005年04月27日 02:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/76

コメント

はじめまして。"野菜でお料理"のトラックバックから、お邪魔させていただきました。
まさにブログ・タイトルのとおり、『自然に魅せられるブログ』ですね。次から次へと、ページを進んでしまいました。

日本は、いろいろな山菜を食する文化があって良いですね。
わたしは、山菜らしき植物をみつけても知識不足でよくわからず、あきらめて帰ってきてしまうことになります。
たびたびお邪魔して、勉強させていただきます。

ヤマウドの、あの苦味がとっても懐かしくなりました。
最後に食べたのがいつだったか、思い出せないほど前のことです。
こちらでも見つけられると良いのですが...。あぁ、食べたい!

投稿者 Jessica : 2005年05月02日 04:34

コメントありがとうございます。
四季折々に岩手に自生する天然の山菜、きのこ川魚の発生状況、採取方法等を写真にレポート形式でご紹介していきたいと考えております。
また一般的に知られていない天然食材の投稿も予定いたしておりますので・・・・
これからもよりしくお願いいたします。

投稿者 昆寛 : 2005年05月04日 10:52

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)