« ハタケシメジの初物/2012 | メイン | ハタケシメジ採り/2012 »

2012年10月13日

ブナハリタケ/2012

今年は猛暑が長かったため、キノコの発生は2週間遅れから一カ月遅れになっています。
ブナハリタケが出廻るころは「マツタケ」はほぼ終わりなのに、今年はこれからが本番になっていておかしな環境になっています。
ブナハリタケ2012.jpg

方言でカヌガ、カノシタ、シシタケ、ブナカヌガなどと呼ばれるブナハリタケは、深山ではよく見られるキノコで主にブナの枯れ木や倒木に群生。
傘は半円形あるいは扇型で、全体が乳白色でのちに黄色味を帯び、数枚重なるように発生します。
縁は波形にうねり傘の裏面は3~5mmの針状になるのが特徴で生のときは強い臭いがあるがゆでると匂い消えてしまう。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2012年10月13日 00:19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/2191