« エノキダケ採り/2011 | メイン | 天然ブナシメジ/2011 »

2011年11月10日

エノキダケが採れるポイント

天然エノキダケは9月末頃から4月頃まで収穫量は多くないものの長い期間キノコ採りを楽しめる種類です。
また、特に奥深い山に行かなくなくても公園とか近くの河川でも採れるので散歩の感覚で誰でも収穫が可能な「きのこ」です。またポピュラーなキノコ「ナラタケ」よりは競争率が低いため、採れるチャンスは大きいといえます。

天然エノキダケを採るポイントは主にヤナギ、クワ、エノキ、カキ、ポプラ等に生えるため木の種類を見極めて、湿り気のある川沿いを中心に探すのが効率よい採り方です。
特に岩手の河川沿いは古い柳の木が多いのでエノキダケが発生しやすくなっています。

動画ではイワナが釣れる源流沿いを新規開拓で歩いています。11月の源流は釣りも禁漁期間なので誰一人いませんので貸し切り状態でエノキダケ採りを楽しむことができます。

天然エノキダケ.jpg
●エノキダケ(キシメジ科)
方言でアシグロナメコ、ユキノシタとも呼ばれ9月~4月に発生する。
昨年は梅雨時の寒い時に採取したこともある。食とされるキノコの中で一番息の長いキノコでもある。


「動画が表示されない場合」
YouTube の動画は Adobe Flash Player によってストリーミングされます。YouTube での動画の再生や表示に問題がある場合は、Flash Player の最新バージョンをインストールすることをおすすめします。それにより、YouTube 動画の再生が簡単になります。

Adobe Flash Player↓
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2011年11月10日 16:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/2154