« 杉林のナラタケ採り/2011 | メイン | ナメコ採りで見る風景/2011 »

2011年10月30日

ムキタケ採りで見る風景

ナメコ、ブナハリタケ同様年々減少しているのがこの「ムキタケ」
ナメコもブナハリタケもムキタケも主にブナの風倒木、切り株に発生します。温暖化のせいもありますが、ブナ林保護のため伐採事業が廃止され、台風などで倒れたブナの風倒木にしか生えないため、年々その収穫量が減ってきているのが実情です。天然のナメコ、ブナハリタケ、ムキタケは幻の高級キノコになるかもしれません。

今日(10/29)はムキタケが生える山を発見するための新規開拓の日でした。
ムキタケ.JPG
●ムキタケ(食)キシメジ科
主にブナ、カエデ、ミズナラに重なって生える。
食べ方:湯がいて皮を綺麗に取ります。
(湯がくと皮が取れやすくなります。)
すき焼き、キノコ汁、けんちん汁など味が身に滲み込むような煮つけなどの料理がよく合います。ムキタケは皮が剥けることからムキタケといいますが、軽く通ししますと表面の皮 が手で剥きやすくなります。後は鍋物、味噌汁、醤油つけなどに利用します。
※ムキタケの醤油つけ
漬け汁(同量の水と醤油。砂糖少々に10%のみりんか日本酒を加えてアルコールを飛ばすために沸騰させます。)にムキタケを3時間ほど漬け込んでいただきます。
※ムキダケのシオカラ
イカの代わりにムキダケを使うと触感がイカに似ていてなかなかのものです。

「動画が表示されない場合」
YouTube の動画は Adobe Flash Player によってストリーミングされます。YouTube での動画の再生や表示に問題がある場合は、Flash Player の最新バージョンをインストールすることをおすすめします。それにより、YouTube 動画の再生が簡単になります。

Adobe Flash Player↓
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2011年10月30日 20:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/2151