« 第4回目「カリン」プレゼント応募! | メイン | 初春/2011 »

2010年11月17日

道端に生えるツチスギタケ

スギタケには牧場の草むらの中とか林道の脇などに群生していることが多いツチスギタケと広葉樹の切り株や倒木に生える「スギタケ」又「スギタケモドキ」「ヌメリスギタケ」に区別されます。

どちらも食菌となっていますが、そう美味しいキノコでありません。
現在はあまり見向きもされないキノコになっていますが昔は食材の種類も量も少なかったので田舎ではツチスギタケを大量に採り、漬けて冬の保存食として食べる習慣がありました。
ツチスギタケは大量に採れますが・・・写真のヌメリスギタは大量に採れません。

動画のツチスギタケは地方によっては不食としている所があります。
ツチスギタケは風味が今ひとつですが歯ざわりがいいので岩手では油いためや煮物などに使用されていますが
人によっては嘔吐や下痢症状が出る場合があるので多食には気をつけなければなりません。

ヌメリスギタケ1.jpg
■写真はヌメリスギタケ(食)モエギタケ科
方言でヤナギモダシ、ヤナギシイタケ、ヤナギナメコとも言われる。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2010年11月17日 19:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1483