« 11月に採れる深山キノコ6種類 | メイン | 第4回目「カリン」プレゼント応募! »

2010年11月11日

エノキタケは今が旬!

岩手の河川沿いでは柳の木が多いため柳の木の倒木、枯れ木にエノキタケに発生している姿をよく見かけます。
山奥に入らなくても容易に採取ができる特徴があるのがエノキタケです。

また。一般の方はエノキタケが天然物があるということを知らないことと、多くのプロにとっては一日の収穫量が少ないため敬遠するキノコです。
そのため採る人は少ないので確実に収穫があり確晩秋のキノコ採りを充分楽しむことができます。

天然エノキタケが採れる場所探しは主にヤナギ、クワ、エノキ、カキ、ポプラ等に生えるため木の種類を見極めて、湿り気のある川沿いを中心に探すのが効率よい採り方です。

注意!
動画でもご覧になれますが、この時期には猛毒の「ニガクリタケ」がエノキタケと混生していることがありますので気をつけましょう!
見分け方は:
エノキタケは傘の裏が白いが「ニガクリタケ」の傘の裏が硫黄色しています。また、噛んでみると苦いのが「ニガクリタケ」なので簡単に区別できます。

エノキタケ2010.jpg
■天然エノキタケの発生風景
天然のエノキダケは栽培物と違って茎は白くなく、濃い茶色になっており、硬く茎は食べられない。陽が当たるため、傘は白から黄色から茶色に変化していきヌメリがあってナメコに近い感じです。

動画はこちらからもご覧になれます。→http://www.youtube.com/watch?v=0pk058nPvto

「動画が表示されない場合」
YouTube の動画は Adobe Flash Player によってストリーミングされます。YouTube での動画の再生や表示に問題がある場合は、Flash Player の最新バージョンをインストールすることをおすすめします。それにより、YouTube 動画の再生が簡単になります。

Adobe Flash Player
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2010年11月11日 18:28

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1481