« ホンシメジとクロカワ採り | メイン | キツブナラタケ採り/2010 »

2010年10月15日

キボリ(ナラタケ)は今が旬!

岩手では10月の中旬から11月初旬にかけて体の頑丈な「ナラタケ」が広葉樹の切り株に発生します。
霜が降りると、霜焼けして形が崩れてしまうが一般的ですが、この「ナラタケ」は霜にも負けずにシャキッとしています。
大きいものでは傘の直径が8cm前後、柄の長さは12cmにもなり、1箇所でマイタケのように群をなして、籠いっぱい5kgの発生に遭遇することがあり興奮がいっぱいです。。
柄、傘とも硬いため採る時「ボキッ」と音がするのがこの「ナラタケ」

dc101415.JPG

dc101414.JPG

●ナラタケ(キシメジ科)
昔から多くの人から親しまれているキノコだけあって、
ボリ、ボリボリ、サワンモダシ、ボリメキ、カックイなどこのキノコほど方言の多いものはない。
小指程度の大きさで、日当たりがいい所はまだ早く、沢沿いなどのの湿気のある所がこの状態。
今週の日曜日がこの一帯はボリ採りでいっぱいか?


「動画が表示されない場合」
YouTube の動画は Adobe Flash Player によってストリーミングされます。YouTube での動画の再生や表示に問題がある場合は、Flash Player の最新バージョンをインストールすることをおすすめします。それにより、YouTube 動画の再生が簡単になります。

Adobe Flash Player
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2010年10月15日 01:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1469

コメント

こんにちは。
今朝ほど雫石の山へ出かけてきましたが、キボリはほぼ終わりのようでした。
かなり傘が開いたものが多く、程度のよさそうなものだけを選んできました。(それでもスーパーの袋に3つ)
ナメコやムキタケが早々に顔を出していましたので、それらの旬も楽しみです^^

投稿者 アサタカ。 : 2010年10月16日 11:29