« オニナラタケ採り/2010 | メイン | 天然ナメコ採りで見る風景1 »

2010年10月22日

きのこ中毒に注意!

最近全国あちこちできのこによる食中毒事件が起こっています。
岩手でも 今月に入り県内で毒キノコによる食中毒事件が4件(13人が医療機関で手当てを受けた。)発生しています。

県によると、今月4日から11日にかけ、二戸保健所管内2カ所、県央保健所管内、中部保健所管内で毒キノコによる食中毒が発生。このうち3件は食用のムキタケシイタケと間違ってツキヨタケを採り、調理して食べたのが原因と分かったとか。

原因となったツキヨタケは、広葉樹の倒木などに連なって発生。
半円形で紫褐色や暗褐色で、少しつやがある。
食べると、吐く、腹痛、下痢などの中毒症状を起こす。

ムキタケシイタケと似ているがツキヨタケは、茎の根元を裂くと黒い染みがあるのが特徴。
県が統計を取っている1956年以降、県内のキノコ食中毒原因の30%と最も多いとされている。

dc101930.JPG
■ツキヨタケ:ハラタケ目キシメジ科
紫褐色または黄褐色のかさで、柄は短く、つば状の突起がある。新鮮なものはツキヨタケ中に含まれる成分であるランプテロフラビンの効果によって、暗闇で白色のひだが青白く発光するが、熟成が進むと発光しない場合もある。柄を裂くと、紫褐色のシミがあるので他の食用キノコと見分けられるが、まれにシミのないものもあるので注意が必要である。色が地味で肉厚なので、おいしそうに見えることから、食用キノコと間違い誤食し中毒に至ることが多い。日本での毒キノコ中毒例の半数以上がツキヨタケによるものといわれるほどである。また、大きさはかなりばらついており、大きいものでは25cmほどのものもある。

毒成分はセスキテルペンのイルジンS(Illudin)などとされるが依然研究途上にある。食後約30分から3時間程度で嘔吐や下痢などの食中毒の症状が現れ、見るものが青く見える幻覚症状を伴うことがある。最悪の場合、脱水症状などで死に至ることもある。
フリー百科事典:Wipediaから抜粋

「動画が表示されない場合」
YouTube の動画は Adobe Flash Player によってストリーミングされます。YouTube での動画の再生や表示に問題がある場合は、Flash Player の最新バージョンをインストールすることをおすすめします。それにより、YouTube 動画の再生が簡単になります。

Adobe Flash Player
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2010年10月22日 00:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1473