« ウラベニホテイシメジは今が旬 | メイン | 神秘なきのこ/チシオタケ »

2010年10月10日

コウタケとニセコウタケ

コウタケとよく間違われる似たきのこに通称ニセコウタケがあります。
ニセコウタケの正式名称はケロウジというイボタケ科のきのこですが、コウタケの匂いと違って焦げくさい匂いが強く食不適となっています。
ニセコウタケ=ケロウジは乾燥させても、煮ても食えない代物。

コウタケ.jpg
■食用とされる「コウタケ」
乾燥コウタケをいったん水に入れて戻し、黒くなった水は捨てて料理に利用します。
炊き込みご飯、五目ずし、天ぷらによく合って美味しいものです。
ちなみに、生で食べると胃腸系の中毒を起こすと言われているので絶対に生では食べてはいけません。

●採りたてをすぐ食べる場合は
塩を振って焼いて食べると香ばしく美味しくいただけます。

kerouji.jpg
■食不適とされる「ケロウジ」
マツタケやホンシメジ採りでよく見かけるキノコでマツ林やツガ林内の地上に発生します。
傘は初めまんじゅう形で後には平らに開いてじょうご状、色は茶褐色から灰褐色で、傘の表面はささくれ状で傘の裏側は灰褐色の針が多数ついています。
柄は傘とほぼ同色だが、根もとは青黒色になりとても苦い。。

コウタケの生える場所とケロウジの生える場所に注意!
コウタケはブナ、ミズナラの広葉樹林内に生えるがケロウジは松混じりの雑木林に生えることで区別ができます。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2010年10月10日 21:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1456