« コウタケとオオシメジ採り | メイン | キボリ(ナラタケ)は今が旬! »

2010年10月14日

ホンシメジとクロカワ採り

写真のクロカワは10月頃のマツタケホンシメジも傘が開き気味の状態になりシーズンが終盤を迎えると見かけるようになります。

落ち葉に埋もれていることが多いので、簡単には見つけることはできません。意識してクロカワ探しのきのこ眼にならないと難しいかもしれません。

このクロカワは傘は10cm~15cm前後で丸い山形から開いて灰褐色から黒色で平らになります。傘の裏は管孔状で白色から灰色に変化、肉は厚く、白色で傷がつくと紫色に変化します。

食べ方は弱い苦みがあるのでホロ苦みを好む人は薄く切り、塩焼きで食べると美味しくいただけます。ほろ苦味があるので、ゆでこぼしてしばらく水にさらし大根おろし、辛し味噌の和え物などにします。
保存する場合は軽く乾燥させて味噌漬けにすると美味しくいただけます。

dc101109.jpg
■クロカワ(イボタケ科)方言でクロカブリ、ナベカブリと言います。

「動画が表示されない場合」
YouTube の動画は Adobe Flash Player によってストリーミングされます。YouTube での動画の再生や表示に問題がある場合は、Flash Player の最新バージョンをインストールすることをおすすめします。それにより、YouTube 動画の再生が簡単になります。

Adobe Flash Player
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2010年10月14日 18:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1465