« キツブナラタケ採り/2010 | メイン | きのこ中毒に注意! »

2010年10月21日

オニナラタケ採り/2010

ナラタケ(ボリ採りといえばキツブナラタケのことを指すようですが、このボリはキツブナラタケが終わる頃、盛期となるボリです。
柄は太く、硬く、大きいのだと傘が15cmにmなり、柄の長さも15cm以上になります。
柄は木のようにがっしりとしていて、折ると「ボキッ」と音がして硬く,松の木の切り株にも生えています。

一般的なボリはこの大きさになると虫が入り腐っているものがほとんどですが、このオニナラタケは奇麗なものです。ただし、味は大味でキツブナラタケには劣ります。

dc101925.JPG
■オニナラタケ(キシメジ科)
針葉樹、ブナ、ミズナラなどの広葉樹の倒木、切り株などに生える。
傘の表面に黒褐色~黒紫褐色の鱗片を密生、ひだは白色のちクリーム色。
柄の上部は淡色、下部は褐色~黒褐色で鱗片を持ち、白色膜質のツバを持ち、つばの縁には暗褐色の鱗片がある。
発生時期はナラタケより3日~5日程遅く発生する。

「動画が表示されない場合」
YouTube の動画は Adobe Flash Player によってストリーミングされます。YouTube での動画の再生や表示に問題がある場合は、Flash Player の最新バージョンをインストールすることをおすすめします。それにより、YouTube 動画の再生が簡単になります。

Adobe Flash Player
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2010年10月21日 11:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1472