« 2010年09月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月25日

天然ナメコ採りで見る風景1

岩手の天然ナメコは
近年、森林環境保護のため、ブナの伐採は禁止されていて伐採後の切り株での天然ナメコは減りつつあります。また昔の伐採は冬に行われて「馬そり」で運搬していたものが近年は林道を作ることにより、「車」での運搬が可能にし冬以外に伐採されてきました。

冬の伐採による切り株は切り口に雪が覆い、徐々に適度な水分を補給しながら腐朽さえながらキノコの発生を促します。一方、冬以外の切り株は水分の補給が冬に比べて条件が悪くなるため余程、伐採後に長雨が降り、発生する条件が揃わない限り切り株があっても発生の確率は低くなります。。
また、倒木であってもブナの木が地面に接していないと腐朽が遅くなりナメコは発生しません。

今日は沢沿いに倒れているブナの倒木のナメコを探しに真昼岳の源流に向かいました。その途中の見た風景を動画にしました。

秋の紅葉の終わりを告げる真昼岳山系の深山の雰囲気を味わっていただければ、と思います。

dc102404.JPG
■友人の竹田真が天空の滝を撮影している風景です。

奥羽山脈の分水嶺の「真昼岳」1.059mの直下には大小合わせて20以上の「滝」があります。
西和賀町、沢内、県道1号線前郷地区から秋田県、美郷町に抜ける「峰越林道」を車で25分、車窓から見られる「滝」もあれば、本格的に装備して「沢」を上ったり、山の中腹を歩かないと見ることができない滝など様々な滝があります。
湿気のあるブナの倒木は沢沿いにあることで滝を見ながら沢の遡上はタイミングがよければ天然ナメコ大群生巡り合うことができます。


この日のナメコ採りは別な山に入った仲間は収穫がありましたが、私は天然ナメコには坊主でした。
秋終盤のキノコは雨が少なくブナの倒木は乾いているからのようですが・・・・・?

※過去の天然ナメコ採取風景は→http://www.youtube.com/watch?v=JQ0XSOQTCMk

「動画が表示されない場合」
YouTube の動画は Adobe Flash Player によってストリーミングされます。YouTube での動画の再生や表示に問題がある場合は、Flash Player の最新バージョンをインストールすることをおすすめします。それにより、YouTube 動画の再生が簡単になります。

Adobe Flash Player
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 21:18 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年10月22日

きのこ中毒に注意!

最近全国あちこちできのこによる食中毒事件が起こっています。
岩手でも 今月に入り県内で毒キノコによる食中毒事件が4件(13人が医療機関で手当てを受けた。)発生しています。

県によると、今月4日から11日にかけ、二戸保健所管内2カ所、県央保健所管内、中部保健所管内で毒キノコによる食中毒が発生。このうち3件は食用のムキタケシイタケと間違ってツキヨタケを採り、調理して食べたのが原因と分かったとか。

原因となったツキヨタケは、広葉樹の倒木などに連なって発生。
半円形で紫褐色や暗褐色で、少しつやがある。
食べると、吐く、腹痛、下痢などの中毒症状を起こす。

ムキタケシイタケと似ているがツキヨタケは、茎の根元を裂くと黒い染みがあるのが特徴。
県が統計を取っている1956年以降、県内のキノコ食中毒原因の30%と最も多いとされている。

dc101930.JPG
■ツキヨタケ:ハラタケ目キシメジ科
紫褐色または黄褐色のかさで、柄は短く、つば状の突起がある。新鮮なものはツキヨタケ中に含まれる成分であるランプテロフラビンの効果によって、暗闇で白色のひだが青白く発光するが、熟成が進むと発光しない場合もある。柄を裂くと、紫褐色のシミがあるので他の食用キノコと見分けられるが、まれにシミのないものもあるので注意が必要である。色が地味で肉厚なので、おいしそうに見えることから、食用キノコと間違い誤食し中毒に至ることが多い。日本での毒キノコ中毒例の半数以上がツキヨタケによるものといわれるほどである。また、大きさはかなりばらついており、大きいものでは25cmほどのものもある。

毒成分はセスキテルペンのイルジンS(Illudin)などとされるが依然研究途上にある。食後約30分から3時間程度で嘔吐や下痢などの食中毒の症状が現れ、見るものが青く見える幻覚症状を伴うことがある。最悪の場合、脱水症状などで死に至ることもある。
フリー百科事典:Wipediaから抜粋

「動画が表示されない場合」
YouTube の動画は Adobe Flash Player によってストリーミングされます。YouTube での動画の再生や表示に問題がある場合は、Flash Player の最新バージョンをインストールすることをおすすめします。それにより、YouTube 動画の再生が簡単になります。

Adobe Flash Player
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 00:00 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年10月21日

オニナラタケ採り/2010

ナラタケ(ボリ採りといえばキツブナラタケのことを指すようですが、このボリはキツブナラタケが終わる頃、盛期となるボリです。
柄は太く、硬く、大きいのだと傘が15cmにmなり、柄の長さも15cm以上になります。
柄は木のようにがっしりとしていて、折ると「ボキッ」と音がして硬く,松の木の切り株にも生えています。

一般的なボリはこの大きさになると虫が入り腐っているものがほとんどですが、このオニナラタケは奇麗なものです。ただし、味は大味でキツブナラタケには劣ります。

dc101925.JPG
■オニナラタケ(キシメジ科)
針葉樹、ブナ、ミズナラなどの広葉樹の倒木、切り株などに生える。
傘の表面に黒褐色~黒紫褐色の鱗片を密生、ひだは白色のちクリーム色。
柄の上部は淡色、下部は褐色~黒褐色で鱗片を持ち、白色膜質のツバを持ち、つばの縁には暗褐色の鱗片がある。
発生時期はナラタケより3日~5日程遅く発生する。

「動画が表示されない場合」
YouTube の動画は Adobe Flash Player によってストリーミングされます。YouTube での動画の再生や表示に問題がある場合は、Flash Player の最新バージョンをインストールすることをおすすめします。それにより、YouTube 動画の再生が簡単になります。

Adobe Flash Player
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 11:49 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年10月18日

キツブナラタケ採り/2010

ナラタケの種類は9種類くらいに類されるとし、キツブナラタケは、ナラタケの仲間では味はトップクラスで美味しい。
岩手ではこのキノコは秋の後半に生え始め、霜が降りるまで採ることができる。
がっちりとした柄が特徴で大株を5㈱くらい探し当てると背負い籠が満杯になることがあります。
kitubunaratke.jpg
■キツブナラタケ(キシメジ科)
このキツブナラタケ、秋遅くにブナやナラの広葉樹の枯れ木やその周辺に群生する。傘の全体は黄色を帯びているが中央部ははっきりとした黒い燐片があるのが特徴。

「動画が表示されない場合」
YouTube の動画は Adobe Flash Player によってストリーミングされます。YouTube での動画の再生や表示に問題がある場合は、Flash Player の最新バージョンをインストールすることをおすすめします。それにより、YouTube 動画の再生が簡単になります。

Adobe Flash Player
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 23:02 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年10月15日

キボリ(ナラタケ)は今が旬!

岩手では10月の中旬から11月初旬にかけて体の頑丈な「ナラタケ」が広葉樹の切り株に発生します。
霜が降りると、霜焼けして形が崩れてしまうが一般的ですが、この「ナラタケ」は霜にも負けずにシャキッとしています。
大きいものでは傘の直径が8cm前後、柄の長さは12cmにもなり、1箇所でマイタケのように群をなして、籠いっぱい5kgの発生に遭遇することがあり興奮がいっぱいです。。
柄、傘とも硬いため採る時「ボキッ」と音がするのがこの「ナラタケ」

dc101415.JPG

dc101414.JPG

●ナラタケ(キシメジ科)
昔から多くの人から親しまれているキノコだけあって、
ボリ、ボリボリ、サワンモダシ、ボリメキ、カックイなどこのキノコほど方言の多いものはない。
小指程度の大きさで、日当たりがいい所はまだ早く、沢沿いなどのの湿気のある所がこの状態。
今週の日曜日がこの一帯はボリ採りでいっぱいか?


「動画が表示されない場合」
YouTube の動画は Adobe Flash Player によってストリーミングされます。YouTube での動画の再生や表示に問題がある場合は、Flash Player の最新バージョンをインストールすることをおすすめします。それにより、YouTube 動画の再生が簡単になります。

Adobe Flash Player
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 01:39 | コメント (1) | トラックバック

一番上へ戻る

2010年10月14日

ホンシメジとクロカワ採り

写真のクロカワは10月頃のマツタケホンシメジも傘が開き気味の状態になりシーズンが終盤を迎えると見かけるようになります。

落ち葉に埋もれていることが多いので、簡単には見つけることはできません。意識してクロカワ探しのきのこ眼にならないと難しいかもしれません。

このクロカワは傘は10cm~15cm前後で丸い山形から開いて灰褐色から黒色で平らになります。傘の裏は管孔状で白色から灰色に変化、肉は厚く、白色で傷がつくと紫色に変化します。

食べ方は弱い苦みがあるのでホロ苦みを好む人は薄く切り、塩焼きで食べると美味しくいただけます。ほろ苦味があるので、ゆでこぼしてしばらく水にさらし大根おろし、辛し味噌の和え物などにします。
保存する場合は軽く乾燥させて味噌漬けにすると美味しくいただけます。

dc101109.jpg
■クロカワ(イボタケ科)方言でクロカブリ、ナベカブリと言います。

「動画が表示されない場合」
YouTube の動画は Adobe Flash Player によってストリーミングされます。YouTube での動画の再生や表示に問題がある場合は、Flash Player の最新バージョンをインストールすることをおすすめします。それにより、YouTube 動画の再生が簡単になります。

Adobe Flash Player
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 18:56 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年10月13日

コウタケとオオシメジ採り

一昔前に比べてこの「きのこ」も
数少なくなってきた一つに・・・「ムレオオフウセンタケ」があります。
岩手では「オオシメジ」の名で有名、姿、形が大きく奇麗なので2~3本もあれば家族で十分楽しめる量です。

dc101204.JPG

組oosimeji.jpg

■ムレオオフウセンタケ(フウセンタケ科)
●料理:ボリュウムがあり、少し土臭さがあり、苦味があるが油炒め、天ぷらなどの油を使った料理に合う食材で美味しい!
傘のサイズは大きいもので20cmにもなる大型のきのこ小さい内は表面の色が紫褐色で大きくなるにつれて褐色になる。
粘性があり、小さいものはクモ巣状の皮膜ができる。
茎の下部は太く、傘は内側に巻き込むのが特徴。

オオシメジはコウタケと似たような環境に生えるので、一個どちらかを見つけたら周囲をくまなく探しましょう!
思わぬ成果が得られることがありますよ!

「動画が表示されない場合」
YouTube の動画は Adobe Flash Player によってストリーミングされます。YouTube での動画の再生や表示に問題がある場合は、Flash Player の最新バージョンをインストールすることをおすすめします。それにより、YouTube 動画の再生が簡単になります。

Adobe Flash Player
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 21:44 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年10月12日

キボリの旬はもう少し?

岩手では10月から11月初旬にかけて体の頑丈な「ナラタケ」が広葉樹の切り株に発生します。
霜が降りると、霜焼けして形が崩れてしまうが一般的ですがこの「ナラタケ」は霜にも負けずにシャキッとしているのには驚きます。
大きいものでは傘の直径が8cm前後、柄の長さは12cmにもなり、1箇所でマイタケのように群をなして、籠いっぱい5kgの発生に遭遇することがあります。
柄、傘とも硬いため採る時「ボキッ」と音がするのがこの「きのこ」

昨年の最盛期は10月5日頃だったので、およそ10日遅れの発生です。
一枚目の写真は昨年の写真で、二枚目が今年の写真。
10日間でこのくらいの差があります。
今年の本番(最盛期)は17日頃かと思われます。


ナラタケ風景.jpg
■2009・10中旬のナラタケの発生の様子。
二枚目の写真のようなナラタケは最盛期になると、このようなマイタケのような姿になります。

naratake.JPG
■2010・10・12ナラタケの発生の様子。
まだ大きいもので小指程度の大きさ、採るには少し早い。



※明日はコウタケとオオシメジの採取風景です。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 20:19 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年10月11日

神秘なきのこ/チシオタケ

チシオタケの若い元気な時の傘の色は赤紫色の2cm前後の食不適の「きのこ」で赤みが薄くなり年を取ってくると気を引かせようと思わせるかのように花火を放って目立つ?「きのこ」
これに似たものに「クヌギタケ」にも同様な事が時々見られる。

本命の「きのこ採り」に夢中であれば滅多にこの現象に出会えない。
実は今日の本命は「ナラタケ」=キボリの発生の様子を見にきて見つけたもの。
tisiotake.jpg
■チシオタケ+タケハリカビ(キシメジ科)(食不適)


「チシオタケ」の傘を中心にして蜘蛛の糸状に覆われた状態逆光で撮影すると線香花火のように見える。
蜘蛛の糸の太さで調べて見るとタケハリカビというカビの種類らしい。
傘や茎に傷をつけると赤い液が出て「チシオタケ」と判る。

※明日はナラタケ=キボリの発生情報です。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 20:28 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年10月10日

コウタケとニセコウタケ

コウタケとよく間違われる似たきのこに通称ニセコウタケがあります。
ニセコウタケの正式名称はケロウジというイボタケ科のきのこですが、コウタケの匂いと違って焦げくさい匂いが強く食不適となっています。
ニセコウタケ=ケロウジは乾燥させても、煮ても食えない代物。

コウタケ.jpg
■食用とされる「コウタケ」
乾燥コウタケをいったん水に入れて戻し、黒くなった水は捨てて料理に利用します。
炊き込みご飯、五目ずし、天ぷらによく合って美味しいものです。
ちなみに、生で食べると胃腸系の中毒を起こすと言われているので絶対に生では食べてはいけません。

●採りたてをすぐ食べる場合は
塩を振って焼いて食べると香ばしく美味しくいただけます。

kerouji.jpg
■食不適とされる「ケロウジ」
マツタケやホンシメジ採りでよく見かけるキノコでマツ林やツガ林内の地上に発生します。
傘は初めまんじゅう形で後には平らに開いてじょうご状、色は茶褐色から灰褐色で、傘の表面はささくれ状で傘の裏側は灰褐色の針が多数ついています。
柄は傘とほぼ同色だが、根もとは青黒色になりとても苦い。。

コウタケの生える場所とケロウジの生える場所に注意!
コウタケはブナ、ミズナラの広葉樹林内に生えるがケロウジは松混じりの雑木林に生えることで区別ができます。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 21:00 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年10月09日

ウラベニホテイシメジは今が旬

ウラベニホテイシメジと間違えるきのこに有毒のクサウラベニタケがあります。
違いは何か?と問われれば
ウラベニホテイシメジの傘の表面が白い粉のような霜降り紋があるが有毒のクサウラベニタケは絹糸状で光沢があると説明されるが初心者にはこの霜降り紋がどんなものかわからないので判断は難しい。
(両方にキノコを見比べると・・・理解されるが単品での説明では理解は難しい。)

このキノコの大きな特徴は茎ががっしりしていて茎が地中深く潜り込んで、採る時は大根を引き抜くような感じで採ることができる。
一方、クサウラベニタケは茎は中空でもろくウラベニホテイシメジのように茎が地中深く潜っていないので簡単に採ることができる。
このキノコだけはキノコ採り名人に同行して実際に生えている所を見て採る経験をすれば2度と間違うことはない。味は茎がシャキャキしていて甘味があってすごく美味しい。
私はホンシメジより美味しいと思っている。

dc100906.JPG
■ウラベニホテイシメジ(イッポンシメジ科)
主に松、雑木林の混生林に主に発生するがクリ、ナラナ等の広葉樹林にも発生する。
大型で丸みのある円錐形で後に傘が開き平になり傘の表面は写真のように灰褐色で白っぽいかすり模様がある。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 23:49 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年10月07日

ホンシメジは今が旬!

昔から「匂い松茸、味シメジ」と言われて親しまれてきました。
本物のシメジはこの写真、」動画の「ホンシメジ」です。

香りは松茸に及ばないけれど、うま味成分が多く含まれているため、味はホンシメジに勝るものがないと言われます。

現在市場に「○○シメジ」として出回って、口にしているのは、多くはブナシメジの人工栽培品です。

また最近では、シロタモギタケが「ホンシメジ」として販売されているのが現状で、私はこれを「スーパーしめじ」と呼んでいます。
超立派なシメジということではなく、スーパーで販売するために作られたシメジという意味なのですが・・・

それだけ、「ホンシメジ」の栽培は難しいということで天然「ホンシメジ」は一般の店頭では滅多に販売されることはありません。

その理由は「ホンシメジ」の生態秘密があります。

●きのこ生態としては
植物や死んだ植物に寄生する死物寄生菌枯れた樹木に寄生する木材腐朽菌がありヒラタケやシロタモギタケはこれに属します。
一方、これに対して樹木に根に寄生しながら栄養を貰う代償として、水分や無機栄養分を供給して、樹木を病気を守る生態系の「菌根菌」がありホンシメジ、松茸、タマゴタケがこれにあたります。

その「ホンシメジ」こんな場所で採れるのです。

dc100602.JPG




ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 21:28 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年10月04日

ハタケシメジは今が旬!

今年のハタケシメジの旬は昨年よりおよそ2週間遅れでした。
この時期は例年であればナラタケ(キボリ)が旬でナラタケが採れる山はお祭り騒ぎです。
しかし、今日現在は山が乾いていて、湿気のあるキボリはかろうじて小指程度の大きさです
ヤチボリのナラタケモドキはここに三日で終わりになりそうです。
いつもは順番に発生するものが、一斉に出る、出る気配があります。

hatakesimeji.jpg
●ヨモギの中のハタケシメジ
ハタケシメジ(畑占地/畑湿地)はキシメジ科・シメジ属
ホンシメジよりうまみ成分の量では及ばないものの、成分構成はホンシメジに似ているため、風味も似ているの歯切れが良く、様々な料理にGOOD。



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 13:42 | トラックバック

一番上へ戻る

2010年10月01日

コウタケは今が旬/2010

コウタケは9月~10月中旬にかけてマツ、ミズナラ、コナラの混生林地上に点々と生える。

稀に動画のように2~3個固まって生えている場合があり、大きい物では傘が30cmにもなる。
落ち葉と土に紛れて見つけづらいので踏みつけてしまう場合があり、周囲をゆっくり見渡しながら探すことが収穫に繋がります。

写真のコウタケは3cmほどの小ささなので、色姿が松ぼっくりに似ていて瞬時に探すことは難しい。
koutake.jpg

食べ方は黒くなった水は捨てて料理に利用します。炊き込みご飯、五目ずし、天ぷらによく合って美味しいものですが生で食べると胃腸系の中毒を起こすと言われているので絶対に生では食べてはいけません。

※参考:長沢栄史 監修の「日本の毒きのこ」から抜粋
毒成分は不明であるがその他の化合物としてコウスチン(抗アレルギー性多糖)セラミド類、ステロール類、テレホール酸(色素)を含み中毒症状:下や喉の痺れ、発疹、排便時に肛門の痛みなどを起こす。
特に生で食べた場合は胃腸系の中毒を起こす。
ただし加熱することによって美味しいきのこである。

・・



ランキングに参加しています。
ポチッとご協力お願いいたします。
おいしい ランキング  にほんブログ村 アウトドアブログ 自然
観察へ  人気blogランキング


投稿者 kirinkan : 21:18 | トラックバック

一番上へ戻る