« 2010年のきのこ情報 | メイン | ウスフジフウセンタケ? »

2010年09月14日

ハタケシメジ/竹藪の中

今年は猛暑の影響で多くのきのこの発生は遅くなっています。
この時期に採るきのこの種類は
ヤチボリハナビラタケホウキタケハタケシメジなどがメインですが発生する現場の土は乾燥していて夏の状態、・・・まだまだ菌が繁殖しそうもありません。

今日の収穫はハタケシメジだけでした。
こんな時期に探すポイントは
牧草の中とか林道の脇の湿気がある所を丹念に探すと成果が上がるでしょう!

dc091403.JPG

岩手の方言で
スズメモダシ、ハタケウエッコ、牧草モダシ、クロシメジといいます。
9月上旬~11月中旬にかけて発生するのが一般的ですが初物は梅雨時からお盆あたりに(季節外れに)よく発生します。

ハタケシメジの発生の因果関係はよくわかりませんが、長年の経験でいえば、盛り土に伐採されたナラタケ木々、枝などが土に混ざり、3~5年で先ずナラタケ(木ボリ)が発生します。
ナラタケの栄養分となり木が腐り、ナラタケが発生する条件がなくなるとその後ポツポツとハタケシメジが出るようです。
昔、ナラタケを沢山採ったけ・・・な~という所で牧草地付近であれば探してみる価値ありです。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2010年09月14日 09:18

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1424