« 公園にナラタケモドキが発生! | メイン | センボンクヌギタケ(食毒不明) »

2010年09月28日

ヤチボリの大発生!

ナラタケより10日前後早く発生するナラタケモドキが大発生です。

読者のアサタカさんからも以下の情報が入っています。
「普通のボリですが、今朝ほど盛岡市内の山で大爆発の現場に遭遇しました。日曜日にも別の場所ですがかなりの量が採れましたので、ボリのシーズンが始まったような感じがします。」

このナラタケモドキは傘は4~6cm前後で「ナラタケ」より白っぽく、傘の中央に黒っぽいささくれがあり、茎は中空で折れやすい特徴があり、見た目はしっかりしているが傘も茎ももろいので型崩れしやすい。一方、ナラタケは傘も茎もがっしりしていて型崩れは思ったよりしない。

沢山採れるので籠などに入れると、下に入ったものは傘と茎が折れて分かれてしまうため、見た目は(バラバラになり)よくない。味は「ナラタケ」よりダシが出て抜群に美味しいが日持ちが悪いため「きのこ市場」には滅多には売買されない種類です。

・・・・・が地元ではポピュラーな「きのこ」で知られています。

dc092701.JPG
●多くは湿地の林内のミズゴケの中や沢のコケが生えている枯れ木に多く発生。
ナラタケモドキとナラタケの大きな違いは茎にツバあるのがナラタケで、ツバないのがナラタケモドキとして区別されている。

大量に採れた時は下処理が大変なので採る時はその場で指で茎を摘まんで傘だけを採るようにするとよい。
ダシの出方はナラタケモドキに軍配が上がる。
9月~10月頃にナラの切り株、広葉樹林内の地上、倒木、埋め木、また林道沿いなどに株上にかたまって発生するので比較的に探しやすい。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2010年09月28日 19:33

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1445

コメント

そろそろキノコ出てるだろうなぁと思って覗きに来ました。
ナラタケモドキの大発生ってスゴイ感動ですよね。
私も一度だけ出会ったことがあります。
持って行った籠には入りきらず、重たくて。

いいなぁ。いいなぁ。

投稿者 yoyo : 2010年09月29日 10:22