« 奥深い源流の行者ニンニク | メイン | ヒメタケの初物/2010 »

2010年05月28日

天然のヤマウド/2010

山菜の多くはアクが強いため、昔からの間違った常識が伝えられている場合があります。

例えば
「山菜はアクが強いからあまり食べてはいけない!」
と言われることがあります。

特にヤマウド
「いっぱい食うと眼がつぶれるぞ!」とか
ワラビなどは「アクが強いから癌になるぞ!」とかです。

しかし、最近は
山菜は・・・アクが強いので癌になるという間違った常識は
山菜は・・・アクが強いのでが抗がん作用があることが科学的に解明され話題になっています。
その記事は↓
http://news7a1.atm.iwate-u.ac.jp/research_topics/2009/002/index.html
ヤマウドの他にはシドケとかセリにも抗がん効果があるそうです。

dc051714.JPG

ヤマウドの若芽は香りを生命とする山菜の代表格の一つ
「一口知識」
広辞苑では「ウドは茎が長大でも、やわらかくて役に立たぬことから、身体ばかりは大きいが、役に立たぬ人のたとえ」とありますが、ウドは大木になるのでしょうか。
実は草本、草の仲間なのです。(ウドは木ではないのです。)
そもそも「ウドの大木」という言葉に矛盾があります。
一説によると「虚(うろ)の大木」が本来の意味ではないか?
虚(うろ)

内部が空になっているところ。うつろ。ほら。空洞 のこと。

中が空洞の木はいくら大きくても役に立たないという意味から「うろ」が「うど」に変化し、草のウドと結びついてしまったという説。
説ですから真偽はわかりりませんが「ヘェー」という気がします。
でも・・・ウドの茎は空洞ではありありませんから・・・さてさて、今度は虚(うろ)とウドが混同されたたのは何故か?気になります。

●希林舘自然クラブでは抗ガン作用研究用の山菜の収集の協力をさせていただいております。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2010年05月28日 19:15

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1410