« キヌガサタケ/2009 | メイン | ジュンサイ »

2009年08月06日

増水時のヤマメ釣り

梅雨明けが長引いて平年より雨降りも多く渓流は増水気味です。

大雨後の釣りは増水した後の引け始め3日後がベストタイミングです。
この増水時の魚は増水している間は餌を採らずに水が引くのジッーと待っている状態、水が引き始めると、一斉に餌を追うようになる習性があります。

大物の魚は普段は警戒心が強くても、増水した水の音で外敵が発する音は感知しづらいため意外と簡単に餌に喰いついてしまいます。

特に笹濁りの状態で大物が釣れる理屈は笹濁りでは外敵の姿も見えないたことも加わって釣りやすくなっているからです。

釣りのタイミングは大雨後がベストです。

●カメラを持って釣り風景を撮ることはカメラがぶれてしまい上手く撮れません。この動画では釣り上げた後を逆回ししたようなイメージで撮っています。
dc080601(修整1).jpg
●写真のヤマメは増水した本流に入る枝沢で釣れたヤマメです。
ヤマメ(山女魚、山女)
サケ目サケ科に属する魚であるサクラマスのうち、降海せずに、一生を河川で過ごす河川残留型(陸封型)の個体のこと。北海道から九州までの川の上流などの冷水域に生息しています。

最近は天然のヤマメも激減していて放流したヤマメの河川が多くなっています。
岩手での天然のヤマメが生息する河川は知る限りでは(河川名は公表できませんが)岩手では2河川あります。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2009年08月06日 09:07

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1317

このリストは、次のエントリーを参照しています: 増水時のヤマメ釣り:

» 自然に魅せられるブログ.Jr: 増水時のヤマメ釣り from 釣り
[続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年08月06日 15:26