« オオホウライタケ/6月 | メイン | ミズブキの採取/2009 »

2009年06月23日

アオフキとアカフキ

スパーなどの店頭で袋入りで販売されているのが…中国産とロシア産のフキがほとんど。
防腐剤と合成着色剤が入っているのでフキの色はみずみずしく青く美味しそうに見える。

一方、国産のフキは動画のように採りたては、青々としていても
アク抜きをするためにお湯に入れると、濁った青色に変化して、まずそうに見える。

しかし輸入品の場合は本来のフキの風味は一切ないが・・・・国産ののフキは・・・これこそフキという風味がある。

フキには一般的にアオフキととアカフキと二種類、地域によってはアオフキをシロフキとかミズフキとも言われる。
※ミズフキは主に沢沿いにあって茎を切ると小口から水がシャーッと流れ出ることから「ミズブキ」と言われます。
(動画をご覧ください。)

赤みがあるアカフキはアクが強くアントシャニンが多いともいわれ
アオフキはフキの種類のなかでは一番多く,青くてみずみずしくて柔らかい。
採取にはアオフキの方を採るようにすると良い。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2009年06月23日 23:37

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1291