« 山菜「アイコ」の採取 | メイン | 源流沿いのギョウジャニンニク »

2009年05月23日

山菜「ボンナ」の採取

正式名称はヨブスマソウで地方によってはボンナボウナ、ホンナ、カンデェナ、ウドフキなどと親しまれている山菜です。

葉の形が三角形で葉の先がギザギザなっていて茎は中空になっているので見分けやすい。
中空の茎を折る時にポンとかボンと聞こえることから「ボンナ」「ボウナ」と方言で言われます。

これに似た仲間にイヌドウナがありますが茎が中空なっていないところで区別ができます。
またこのイヌドウナもボンナ同じく食べる(味は同じ)ことができる山菜です。


食べ方
若い茎、葉を摘みとって生のまま天ぷら、ゆでておひたし、和え物、酢物にすると美味しい。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2009年05月23日 09:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1277

コメント

ボンナは地域によって亜種があるようですね。葉のギザギザ幅が深いものや、私が採る場所では全体が紫色のものもあります。奥羽山系と北上山系ではまた別だとも聞きます。

投稿者 JPGREEN.net [TypeKey Profile Page] : 2009年05月26日 06:50