« ハワサビに囲まれた名水 | メイン | 山菜「ヤブレガサ」 »

2009年05月02日

伏流水で育つクレソン

●小沢の両岸沿いにビッシリ生えているクレソン群

およそ50mの長さの小沢5本がこんな感じに小沢沿いが一面天然のクレソン畑なっています。
このクレソンは岩手山の麓の山々に貯蓄された水が滾滾と沸きだしている伏流水が源です。

dc050205.JPG
●クレソン(オランダガラシ):アブラナ科
明治初期に、フランス料理の食材として日本に持ち込まれた香辛野菜のクレソンが野生化した帰化植物です。日当たりが良く、水の流れのある浅瀬ならば多少汚れた環境でも繁殖します。
豪雪地帯以外であればほぼ1年中採取できますがベストな採取時期は5月の中旬頃になります。
ただ晩春から初夏の開花の時期には昆虫の卵やヒルなどが付着する可能性があるので、この時期の採取は控えます。
私たちの「クレソンは」岩手山の伏流水で育っています。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2009年05月02日 17:24

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1259

このリストは、次のエントリーを参照しています: 伏流水で育つクレソン:

» 山菜「クレソン」の採取 from 自然に魅せられるブログ.Jr
5月2日はまだ採取できなかったクレソンはようやく採取できる大きさに成長しています... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年05月17日 23:54