« 渓流の釣り人 | メイン | 伏流水で育つクレソン »

2009年04月29日

ハワサビに囲まれた名水

ここ最近は天然のハワサビは山奥の沢に入らないと見当たらなくなってきています。20数年前頃では渓流の中流域でも釣りをする足元に沢山生えていたものでした。

20数年の間に少しづつであっても根こそぎ採られることで減少しているのが現状です。採取には根を残し、茎から上の葉を中心に採取してほしいものです。

ハワサビ.jpg
岩手県の名水20選の中に八幡平市の長者屋敷太刀清水という名水があります。
小川の流れる緑地帯の中に朱塗りの太鼓橋や東屋などを設けた長者屋敷公園の一角に木立に囲まれた高さ10m程の岩壁の割れ目から清水が湧き出しています。

当地の大盗賊を討伐に来た坂上田村麻呂が、
天皇より下賜された太刀をこの水で清めたとも言われています。

その湧水の周囲に見られるのは・・ハワサビであることを知っている人は以外の少ないようです。

長者屋敷太刀清水の案内図
http://www.city.hachimantai.lg.jp/kankou/spot/cyoujyayasiki.html

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2009年04月29日 00:35

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1256