« キヌガサタケ(2008)食 | メイン | スッポンタケ(2008)食 »

2008年10月26日

クリタケ(2008)食

秋もなかばを過ぎるナラタケが終盤に向かう頃、落ち葉がいっぱいに積もった切り株に群生したクリタケに出逢うことがあります。

この時に気をつけなければならないのは、写真の3枚目のように同じ切り株にクリタケと猛毒のニガクリタケが同居していて間違ってニガクリタケも採る人がいることです。

慣れてくると絶対に間違うことはないのですが、あやふやな時には噛んでみましょう。
ニガクリタケは字のごとく噛んでみると苦い!
(これでニガクリタケと判定します。)

私の経験ですが
間違って味噌汁の具に大量に入れて食べようとしても汁がとても苦くて飲めたものではありません。
しかし、中毒にかかる例としてはこの時期の採れるナラタケ、クリタケの量が多く、ニガクリタケが少なかった場合です。
様々な味に苦さが消されてしまって、食べてしまうので気をつけましょう!
最低2日は下痢と腹痛、目まいに悩まされます。
体力があにお年寄り、子供の場合は死亡する場合もあります。

dc102527.JPG
●クリタケ(モエギタケ科);方言でアカボリ、クリモダシ、クリキノコ

dc102530.JPG

dc102535.JPG
写真の左はクリタケで
右側に写っている小さいキノコがニガクリタケ(猛毒)
ニガクリタケは明るい黄色又は硫黄色で生で噛んでみると苦味がある。
主に杉の切り株上に発生するがナラ、ブナにも多数発生する。

クリタケの食べ方:
ちょと旨味に欠けるが歯触りも良くダシも出るので汁物、鍋物、油もの、煮物に合う。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2008年10月26日 16:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1210