« センボンクヌギタケ(2008)食毒不明 | メイン | アシグロタケ(2008)ダシ用 »

2008年10月15日

ツエタケモドキ(2008)食毒不明

タイトルにツエタケモドキとした理由は
キシメジ科のツエタケには間違いがないと思うが確定できなかったのでツエタケモドキにした。
ホウキタケ狙いで入った山で見つけたもの。
食とされるツエタケであって大量に収穫できないため、一般的には見向きもされないキノコの一種である。
しかし、可愛らしさと弱弱しさが女性っぽく・・・気になるキノコでもある。
tuetake2.jpg
●ツエタケモドキ(キシメジ科)
ツエタケは類似菌が多くあると考えられていて食とされるものもあるが近縁の種の食毒は不明。
傘は淡褐色から褐色。中央から周辺にかけて不規則な放射状のシワがあり強い粘性があるるが乾きやすい。
ヒダは白色で疎で直生から上生、湾生する。
柄は中空で硬く細長いく柄の地上部は下方に向かってやや太く、地中部は長く根茎状に伸び基物につながっている。。肉は薄く、白色で無味無臭、傘、柄とも表皮が剥れやすい。
tuetake.jpg

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2008年10月15日 10:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1190