« ホンシメジ(2008)食 | メイン | センボンクヌギタケ(2008)食毒不明 »

2008年10月12日

キンタケ(2008)食

ホンシメジ採りで見かける金色したシメジ。
正式名称はキシメジ(キシメジ科)であるが
岩手では金色しているのでキンタケと呼ぶ。

ホンシメジの発生の時期を知るための目安になるキノコでもある。
遠くからではホンシメジは傘の色が薄茶色で地面に同化しているので見つけづらいが、このキンタケは金色したのがポツポツと遠くからでも見えることで発見しやすい。

このキンタケを見つけたらホンシメジ採りにも力が入る。

きんたけ.jpg
10月頃赤松林と広葉樹の混成林の地上に生える。
マツタケ、ホンシメジが発生する場所によく生える。
シメジ特有の菌輪を作るので1個見つけると周囲を見渡すと沢山採れることがある。
kinntake2.jpg
食べ方
少し苦味があるので裂いて、30分ほど水にさらして、すき焼き、油炒めなどでいただくと美味しい。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2008年10月12日 19:22

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1188