« 外道?のマツタケ(2008)食 | メイン | ホンシメジ(2008)食 »

2008年10月09日

サンゴハリタケとブナハリタケ(食)

サンンゴハリタケは白色の珊瑚のような感じがし、根元から何回も不規則に枝分かれして先端は針状の形。
塊はブナハリタケと違って一つの塊として10~20cmになり、純白から黄褐色に変化する。。
広葉樹の枯れ木に発生する。
ヤマブシタケ同様に、めったにお目にかかれない珍しいキノコ。
sanngoharitake.jpg
●サンゴハリタケ(食)ハリタケ科
ブナハリタケをブナカヌカと呼ぶように方言でサンゴカヌカと言う。
食べ方:柔らかい繊維質で歯ざわりがとてもよい。
味、匂いともブナハリタケに比べるとクセがなく温和で酢の物、胡麻和え、他多くの料理に向く。

kanuka.jpg
●ブナハリタケ(食)ハリタケ科
サンゴハリタケと違って薄めの肉が何枚も重なって株になる。
独特の香りがあってすき焼き、煮付けなどに向く。

※どちらもブナの木がある深山に入らないと見ることができないキノコ達である。タイミングがよければブナハリタケは背負い籠に満杯になることがある。
一方、サンゴハリタケはなかなか見ることがないが今日はラッキーにも2個発見!

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2008年10月09日 22:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1186