« ツキヨタケ2008(猛毒) | メイン | ヌメリツバタケモドキ(食)2008 »

2008年10月03日

ツキヨタケの末期(2008)猛毒

上三枚の写真はツキヨタケの末期、下二枚の写真は食されるムキタケ
ツキヨタケの末期は手のひら以上に大きくなり、傘の色が紫ががった黒色に変化して腐敗しながら溶けてしまう。

昨日のツキヨダケの写真は今日のツキヨダケの採取場所は異なるが成長度合いは場所によって大きく変わる。
このツキヨタケとムキタケは同じブナの切り株と倒木に生えたもの。
ツキヨタケは倒木にムキタケは折れ株の根元に生えていたもの。
dc100206.JPG

dc100212.JPG

dc100208.JPG
少し見づらいかもしれませんが茎の根元に黒いシミがあるのがわかる。
これがツキヨタケの証明となる。
dc100204(修整1).JPG
一方、こちらはムキタケであるが茎の根元には黒いシミは見られない。
dc100205.JPG
ツキヨダケとムキダケの区別には慣れてくると根元を見なくても遠くから傘の色だけでムキタケとわかる。
霜が降りる頃のナメコが採れる時期になるとツキヨタケは霜に負けてドロッーと溶けるがムキタケは元気である。
ムキタケは黄褐色→黄緑色→褐色と変化する。表面の皮が剥きやすいことからムキダの名がある。
いずれにしても・・・確実に判断するには・・やはり根元に黒いシミがあるかどうかで判断すれば安心。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2008年10月03日 01:18

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1180