« ツキヨタケの末期(2008)猛毒 | メイン | タケリタケ(食毒不明) »

2008年10月04日

ヌメリツバタケモドキ(食)2008

10月の天然ナメコ探しに行くと、
白っぽいブナシメジ?らしきキノコが風倒木、枯れ木などの沢山ついているのをよく見かけることがある。
姿が女性的な美しいキノコである。
手に採ってみると傘はフニャフニャとして柔らかい!
・・・ヌメリツバタケモドキである。

色はブナシメジは似ているがブナシメジは傘、茎ともがっしりしているのでヌメリツバタケは柔らかいので異なる。

dc092826(修整1).JPG

dc092827.JPG

hjk.jpg
●ヌメリツバタケモドキ(キシメジ科)
ブナ、カエデなどの広葉樹の倒木か枯れ木に発生する。
似た仲間ヌメリツバタケがあるが、ヒダにシワがある点で区別する。
傘は淡灰褐色~白色、粘性があり、ヒダは著しくシワ状、柄に膜質のツバがある。

食べ方は柔らかいのでお吸い物とか酢の物がよく合う。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2008年10月04日 00:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1182