« ホウキタケ2(2008)食 | メイン | ツキヨタケ2008(猛毒) »

2008年10月01日

エノキダケ(2008初物)食

自宅から車で15分の所にある山から見た盛岡市の前景
犬の散歩とキノコ探しで近くの山に登ったもの!
dc093010.JPG
その尾根の切り株に生えていたのが・・・なんとユキノシタと呼ばれるエノキダケが9月に採れた?!
初物のエノキダケである。

そういえば、
9月27日に岩手山に2週間も早い初冠雪があり肌寒かった。
そんな寒さがエノキダケを発生させたと思われる。
enokidake.jpg
●エノキダケ(キシメジ科)
方言でアシグロナメコ、ユキノシタとも呼ばれ9月~4月に発生する。
昨年は梅雨時の寒い時に採取したこともある。
食とされるキノコの中で一番息の長いキノコでもある。
広葉樹に倒木、切り株に生えるがヤナギの木が一番多い。
dc093014.JPG
市販のエノキダケはおがくず栽培で天然ものとは大分姿は異なる。
これは栽培品はビンの口に筒状に紙を巻き、茎をモヤシのように長く成長させるため育てているためで、天然エノキダケは晩秋から春にかけて発生し、岩手では柳の木が多いためか柳の木に発生している姿をよく見かける。
その他、エノキ、クワ、カキ、ポプラ等に発生し里で植えている木が多いため、山奥に入らなくても見かけることができる。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2008年10月01日 00:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1176