« エノキダケ(2008初物)食 | メイン | ツキヨタケの末期(2008)猛毒 »

2008年10月02日

ツキヨタケ2008(猛毒)

毎年、岩手でも必ずこの「ツキヨタケ」を食べて中毒になる人がいる。
食用のムキタケヒラタケシイタケなどと間違って食べるらしい。
信じられない話であるが昨年では産直で売られたこともあって・・・・買う側も確認する必要がある。

このツキヨタケは普通は10月末のナメコが出る時期は大型になり、腐敗(溶けてドロッーとした姿)するが稀に遅く発生するのもあるのででムキタケと間違いやすい。

dc092723.JPG
中毒症状は食後1時間くらいで腹痛となり、下痢、嘔吐して2日間は具合が悪い。
人によっては痙攣起こし脱水症状の重症となる。

dc092703.JPG

dc092702(修整1).JPG
ムキタケとツキヨタケと判別の方法はhttp://blog.kirinkan.biz/2005/08/post_111.html

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2008年10月02日 00:22

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1179