« トチモダシ(食) | メイン | アケボノサクラシメジ(食) »

2008年09月20日

初物マイタケ(2008)食

天然マイタケは発生率が低い上に競争率が高いので地元産直などで買えることはことはあっても一般市場にはめったに出ない「きのこ」の一つです。

マイタケ舞茸の字のごとく発見したら踊るくらいうれしいものでワクワクドキドキ感を味わうことができるのがこの「マイタケ」です。

自分が狙った場所(発生するだろう!と思われるポイント)にマイタケがあると言葉に言い表せない興奮があります。キノコ採りは何かの中毒患者のように、この興奮を求めて山をさまよっているのです。

人の目に触れないマイタケは一株で5kgに成長することがありますがめったに出逢うことはありません。
めったに出会えない理由の一つには
自分だけの畑と思っていても、この場所を知っている人は数多くいるためです。
「およそ7人はう知っていると思え!」という先人の教えがありますが、マイタケ採りシーズンになると、そのポイントには日々誰かの目に触れる機会が多くなるため、小さくてもマイタケも採られてしまうので大きく成長できないのです。

今日の収穫のマイタケも
上記の理由で手のひらに乗るサイズであっても採ってしまいました。

dc092016.JPG
●ナラタケの根元に発生したクロマイタケ

dc092020.JPG

dc092047.JPG

※岩手の天然マイタケはこちらで予約販売しています。
希林舘自然クラブ→http://kirinkan.biz/

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2008年09月20日 22:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1167