« ハシバミ(2008) | メイン | 初物マイタケ(2008)食 »

2008年09月18日

トチモダシ(食)

トチなどの広葉樹の倒木や枯れががった木などの株状に束生するのがこのトチモダシ
傘は4cm~7cm前後で半球形から丸山形、のちに開いて平になる。
灰白色、クリーム色、中央に暗色の斑紋がる。
茎の根元は太いのが特徴。


totimodasi4.jpg
●トチシメジ(キシメジ科)
似た仲間にトチシメジがあるがトチの老木の根元に株状に生える。
トチモダシとの違いは手で触れた部分が黒く変色する。

totimodasi3.jpg
●食べ方:天ぷら、すき焼き、いものこ汁にすると美味しい。
ただ、大量に採れるキノコではない。

トチノミ.jpg
●これがトチの実、7月の初旬頃から{クルミのような)青い実をつける。
10月になると青みに茶が混ざり外皮が硬くなり始め、実が成長するにつれて「クリ」のように外皮を破り実が顔出し始める。

収穫時期のクリとトチの実だけではパット目では同じ色をしているので間違うかもしれない。
クリは全体が茶色でおむすび型をして入るのに対しトチの実は坊主頭のように頭の髪の部分が茶色なので判りやすい。

●実が外皮から離れていない時期が最も区別しやすい。
クリはイガイガあるのに対しトチの実はつるっとしていて茶色で硬く厚い外皮である。

トチの実は種子の中のデンプンを利用する食べ物ご飯に炊き込んだり、とちもち、せんべい、ゆべしの原料になっている。
ただ、相当アクが強いためアク抜きが必要である。

岐阜県の栃の実煎餅は名物菓子で有名!

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2008年09月18日 21:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1165