« ナラタケモドキの初物(2008)食 | メイン | スギヒラタケ(2008)食? »

2008年09月27日

ブナハリタケ(2008)食

方言でカヌガ、カノシタ、シシタケ、ブナカヌガなどと呼ばれるブナハリタケは、深山ではよく見られるキノコで主にブナの枯れ木や倒木に群生。
傘は半円形あるいは扇型で、全体が乳白色でのちに黄色味を帯び、数枚重なるように発生します。
縁は波形にうねり傘の裏面は3~5mmの針状になるのが特徴で、(写真3枚目)
生のときは強い臭いがあるがゆでると匂い消えてしまう。
これに似たキノコにはスギヒラタケがありますが、こちらは杉の切り株、倒木に発生するので間違うことはない。
この日の採取はマイタケ採りの途中で採取したもの。

ブナハリタケ3.jpg

ブナハリタケ2.jpg

ブナハリタケ.jpg
食べ方:油でいったん炒めてから煮物につかったり天ぷらにする。
2006年の記事にブログ繋がりからお世話になっている
大阪のスローフードときのこの創作料理屋「あらカシキッチン」さんのブナハリタケの料理の紹介をしています。

参考にどうぞ!
保存方法:沢山採取した時は目減りしないのでいったん湯上げてから、塩蔵保存をする。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2008年09月27日 20:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1172

このリストは、次のエントリーを参照しています: ブナハリタケ(2008)食:

» スギヒラタケ(2008)食? from 自然に魅せられるブログ.Jr
方言でスギワカイ、スギカヌカ、カタハなどと呼ばれている。 秋に杉の切り株に発生す... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年09月28日 22:40