« 2008年のヤマウド | メイン | シドケに抗がん物質がある。 »

2008年05月31日

山菜プレゼントの受付締切日を早めます。

本ブログを購読者されている方と
姉妹ブログ「俺の家は高性能!」の購読をされている方を対象に
山菜「姫ダケ」のプレゼントの募集(受付終了日が6月7日(土))しておりましたが今年の姫タケは昨年より1週間ほど早まって出ているため申し訳ありませんが
■受付終了日を6月3日(火)の夜12時といたします。
■表は6月5日(木)時間未定
■当選者の発送は翌日から発送を開始いたします。

●ご希望の方はこちらから申し込みをお願いいたします。

http://blog.smatch.jp/dannetu/archive/508

ネマガリタケの発生風景.jpg

姫タケはこんな「ネマガリタケ」が密集した所で採ります。
密集したネマガリタケは足の踏み場もないくらい竹と竹の間隔は10cmも満たない。
そのため、進もうとする方向を手でかきわけて確保し、右足を1歩出して、バランスを取りながら
次に左足を引き寄せる、その時、頭、顔、眼に竹の跳ね返り防止のため、
上半身は低くしなけれなならず、まるでストレッチをしているのと同じアクロバット姿勢を強いられるのです。
それに満杯となると30g強の重量のリックサックを背負うことになります。
そんな訳で「姫タケ」採りは一番過酷で重労働を強いられる山菜なのです。


八幡平の姫タケはこれ!.jpg

ネマガリダケ(イネ科)
岩手の方言:ジダケ、ズダケ、ササダケ、姫ダケ
ネマリダケは名の通り根の付け根から、多少曲がっているからついた名前である。
海抜の高い山は、ほとんどこの笹一色であり、他種の笹はない。
大きな群落を形づくって、山全体が笹で被われることもある。
地下茎で繁殖するので、一定の寿命がくると、一斉に枯れることもある。
その年限は40~60年とも言われる。
その時には、一斉に開花結実した後で一斉に枯れ死する。時には山全体が枯れることもある。
しかし、種子がこぼれて新苗が発芽したり、根元に残った若い芽が更新したりして、まもなく新しい群落が生じる。

■姫ダケ(ネマガリタケ)のタケノコは、淡白な風味と舌触りが最も東北的な感じがする。
汁の実、天ぷら、フライ、煮つけ、お浸し、色々なもの合う人気のある山菜である。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2008年05月31日 23:15

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1118