« バッケが採れる頃の渓流釣り | メイン | 源流沿いの花たち »

2008年04月26日

雪解けバッケ採り

すでに里のバッケ(フキノトウ)が終ってから私は奥深いイワナが潜む源流に向います。
その沢沿いの斜面には苦味が薄く柔らかな雪解けバッケがあるからです。

岩手県のバッケはアキタフキのため大きいものでは子供の拳骨くらいあります。
大きいものは大味と言われますが里の小さいフキノトウより丁度いい苦味(薄苦味)です。
残雪の中あるいは残雪の傍のバッケは縦に割って見ると青黄色でとても奇麗なのが特徴です。

バッケ味噌作り」には、ほど良い苦味で、一度食べたら里のバッケとは比較にならないほど美味しさがあり、おにぎりの具には最高!!といった感じでしょうか。

このバッケでなければ
ダメだというこだわりのマニアもいらっしゃるほどです。

2008・フキノトウ.JPG

フキ(フキノトウ):キク科

主な成分:ビタミン(葉酸、βーカロテン)、カリウム、クエルチン
効   用:消化促進、痰切り、スタミナ増進
利 用 法:生食用、キャラブキ、佃煮、ビン、缶詰

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2008年04月26日 17:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1085