« 護岸された里川の釣り | メイン | バッケが採れる頃の渓流釣り »

2008年04月08日

民家のある小沢の釣り

今日は毎年採取する沢沿いの山菜(フキノトウ)の発生の様子見です。
大きく、柔らかく、苦味も少ない一級品のフキノトウ(バッケ)なのですが生えている所は林道を通り山越えした奥深い沢沿いに生えています。
里のフキノトウは終盤に向かっていますので、沢沿いはちょうど蕾の筈です。

その林道の入り口には鉄の門扉があって、尾根に残雪が多くあれば閉鎖されています。
例年であれが4月11日にオープンするのですが、今年は10日ほど早い桜の開花予想なのでもしかしたら、門が開いているだろうことを期待して向かいましたが・・・
残念、閉まっていました。

そこで・・・民家の集落の小沢にイワナ釣りに変更です。
岩手は源流に行かなくても民家のある小沢でもイワナはけっこう釣れるのです。
その釣り風景です。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2008年04月08日 22:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1078