« 名水百選「金沢清水」 | メイン | 民家のある小沢の釣り »

2008年04月04日

護岸された里川の釣り

両脇が間地ブロック(けんちぶろっく)で護岸された里でよく見られる小さな川です。
何十年にか一度訪れる台風による洪水の防止のために護岸されたですが、
魚にとっては住む環境にはほど遠い河川に見えます。
けれども5年くらいすると間地ブロックの隙間から、また岸辺にも少しづつ雑草が生えてたりして
魚棲める「フトコロ」ができあがります。
・・・・・「フトコロ?」つまり魚が外敵から身を守れる逃げ場所です。
また様々な雑草、木が生えることにより昆虫が住み付くことになり、魚の餌も少しづつ確保されるため、魚の住める条件が揃ってくる・・・そんな里川の釣りをしてみました。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2008年04月04日 22:13

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1073