« 山菜「ヤマウド」 | メイン | 山菜「ワラビ」 »

2008年02月01日

山菜「シドケ」

岩手の方言:シドケとか、もっと訛ってスドケと言う。
低山帯から山地までの湿り気の多い林内を好み、
大なり小なりの集団をつくって群生し
春早く発生し、氷が解けるとまもなく萠え出でることから、
方言で「シガドケ」「スガドケ」といったのが訛って「シドケ」「スドケ」になったといわれる。
ちなみに「シガ」「スガ」とは氷の方言である。



●モミジガサ(キク科)
一昔前は湿り気のある低い山でもけっこう採れたものであるが最近は山菜ブームの乱獲によって低い山には殆ど見ることがない山菜となっている。
ギョウジャニンニク同様、根から持ち去って売買したり自己栽培が目的が大きな要因と考えられる。

最近のシドケ採りは写真のように奥深い山に入らなければ収穫困難となっている。
産地直売として売られているものには多くは栽培物で根茎は太く短い型揃いのシドケがそうである。

天然物はどうしても湿気、水気、日射の度合いが少しずれた場所でも微妙に異なるため
サイズはバラバラになるのが特徴である。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2008年02月01日 23:52

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1016

コメント

こんにちは~、又覗かせてもらいに参りました~。

しかし、 山菜を販売目的で根こそぎ持って行く人がいるとは酷い話ですね! 私利私欲、営利目的だけで生きている人も世の中には居るんだなー、魂が腐っているとしか思えませんよね。  

それにしても、ここは本当に山菜に纏わる勉強になって面白いです。

投稿者 ウルフのスナフ : 2008年02月02日 11:00

ウルフのスナフ さん
どうも一部のプロなのですが地元のプロは自分の首を絞めることになるので一切ないのですが他県からのプロ人のようです。
また一般の方も根ごとは持っていかなくてもこれから成長しようとする山菜を採ってしまうことです。
渓流には釣り券があるように山菜・きのこも採取券をある程度の知識とマナーを学んでもらうことができれば、楽しい山菜・キノコ採りができるのでは・・と思っています。

投稿者 昆寛 : 2008年02月04日 08:24