« 山菜「コシアブラ」 | メイン | 山菜「クレソン」 »

2008年01月27日

山菜「ミヤマイラクサ」

この山菜は岩手では「アイコ」の名で親しまれる。
ほぼヤマウルイとヤマウド、シドケ等と同じエリアに生えることが多く簡単に見つけやすい山菜でもある。
しかし、トゲガあるため敬遠されがちな山菜でもあるため採られることが少ない。


ミヤマイラクサ(イラクサ科)
岩手の方言:アイコ、アエッコ

比較的に低い山でも、沢沿いに群生して分布。
または、やや薄暗い腐葉土の多い林内などにも群生する美味な山菜。
大型の多年草で、卵型の大きな葉が互生して葉の先端は尾状に突き出していて葉茎ともに一面に鋭い刺毛が生える。
採取するときは皮手袋か軍手をはめなければ、やっかいな山菜である。
正直にいってあまり採りたくない山菜ですが、湯通しすると不思議にも刺毛が柔らかくなってしまう。
食べ方:さっと湯通しをすると刺毛が柔らかくなるので、それから皮を剥いて使用する。
煮付けたり、ゆでて色々な和え物にしたり、汁の実、卵とじ、サラダ等クセもなくアクもないおいしい山菜なのです。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2008年01月27日 17:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/1011