« 八幡平ツガマツタケの世界 | メイン | コガネタケの世界 »

2008年01月12日

ウラベニホテイシメジの世界

このウラベニホテイシメジと間違えるきのこに有毒のクサウラベニタケがある。
違いは何か?と問われればウラベニホテイシメジの傘の表面が白い粉のような霜降り紋があるが有毒のクサウラベニタケは絹糸状で光沢があると説明されるが初心者にはこの霜降り紋がどんなものかわからないので判断は難しい。
(両方にキノコを見比べると・・・
理解されるが単品での説明では理解は難しい。)

このキノコの大きな特徴は茎ががっしりしていて茎が地中深く潜り込んで、採る時は大根を引き抜くような感じで採ることができる。
一方、クサウラベニタケは茎は中空でもろくウラベニホテイシメジのように茎が地中深く潜っていないので簡単に採ることができる。
このキノコだけはキノコ採り名人に同行して実際に生えている所を見て採る経験をすれば2度と間違うことはない。
味は茎がシャキャキしていて甘味があってすごく美味しい。
私はホンシメジより美味しいと思っている。


●ウラベニホテイシメジ(イッポンシメジ科)の採取風景

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2008年01月12日 02:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/994

コメント

 昨日、福島でウラベニホテイシメジを採ってきましたが、茎が太く根深いので間違うことはないですね。

 これからも情報写真などよろしくお願いします。
 
 また、キノコの裏のひだが紫になるものや黄色くなるものがありますが、そんな食用のキノコも紹介してください。

投稿者 増子 勝 : 2010年10月11日 13:08

コメントありがとうございます。
同定ができないキノコは食べない方が無難です。茎が充実してあって縦にさけるようなウラベニホテイシメジであれば安全です。
(一般的に縦に裂けるキノコはOKという意味ではありません。)茎が中空なものは絶対だめです。これから採れるキノコでヒダが黄色はキンタケがあります。紫色はムラサキシメジなどあります。キンタケは二三日中にブログにUPいたします。
これからも応援をよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。(昆寛)

投稿者 昆寛 : 2010年10月11日 18:05