« ウラベニホテイシメジの世界 | メイン | 山菜「バッケ」 »

2008年01月14日

コガネタケの世界

この「コガネタケ」が発生する場所には
「ハタケシメジ」も発生する確率が高いので「ハタケシメジ」を新規開拓する目安のキノコである。
ハタケシメジの傘の色は薄茶色から濃い茶色及び黒に近い茶色のため、
遠くからは見つけることは難しいが「コガネタケ」は名前の通り黄金色した傘のため見つけることは非常に簡単である。
コガネタケを見つけたらその周囲をしゃがんで丹念に見渡すとハタケシメジを見つけることができる。
地方によっては食べる習慣がある所とない所がある。
縦に裂いて焼いて醤油をつけて食べるとスルメのような味がして酒の肴に人気がある。
岩手では食用キノコとされている。


●コガネタケ(ハラタケ科)の発生と採取風景
方言でコナタケ、オウゴンタケ、キナコタケ、コナカブリと言われる。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2008年01月14日 00:40

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/995