« ブナシメジの初物 | メイン | オオイチョウイタケの初物 »

2007年10月28日

晩秋シメジの初物

ホンシメジ採りが終りに近づくと
傘が金色と銀色をした「晩秋シメジ」に出会うことがある。

金色の「きのこ」はキシメジ(キシメジ科)と言い
岩手の方言でキンタケと呼ぶ
一方
銀色の「きのこ」はシモフリシメジ(キシメジ科)と言い
岩手の方言でギンタケと呼んでいる。

味の面ではギンタケは大変美味しく、
採取の競争率の高いキノコになっている。

この時期に松が混じった雑木林沿いには「ギンタケ採り」の人たちの車が駐車しているのが多く見かけるようになる。
シモフリシメジの名の通り、このキノコを見かけると冬の到来が近いことを教えてくれる。


ギンタケ.jpg
●シモフリシメジ=ギンタケ
キンタケ.jpg
●キシメジ=キンタケ

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2007年10月28日 18:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/851