« ハツタケの初物 | メイン | サクラシメジの初物 »

2007年09月11日

マスタケの初物

岩手ではマスダケと濁って発音する。
肉が鱒肉色のためこのような呼び方になっている。
または、赤っぽい(実際はオレンジ色に近いのですが)アカダケと言う人もいます。

他のキノコは一般的に茶系の色に対して、オレンジ色のため、かなり遠くからでも見つけることができます。
これに似たキノコには白色のブナハリタケも同様に遠くからでも見つけやすい。

masudake組写真.jpg
●マスタケ(食)サルノコシカケ科
針葉樹、広葉樹の枯れ木、倒木、切り株などによく見られる。
触って柔らかく、色が鮮やかで水っぽい幼菌が食べごろです。
すき焼き、油炒め(「甘味噌炒めはGOOD)など油っこい料理に合います。
プロの料理「今夜はチーフにおまかせ! ・・きのこ料理」はこちらをどうぞ!
1か所でけっこう多く採ることができるが狙って大量に採れるものではない。

masudake3dc090849.jpg
●マスダケの採取風景:モデルは希林舘自然クラブの竹田真
後ろの大きな白い羽は風力発電の風車
場所は岩手県葛巻町の風力発電がある牧場

masudake6dc090809.jpg
●今日のマスダケの収穫量の半分はこのくらい。
我が家で食べるのはこの一枚だけ、後は近所におすそわけです。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2007年09月11日 00:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/751