« サクラシメジの初物 | メイン | スリコギタケ »

2007年09月13日

コウタケの初物

前日はサクラシメジのレポでしたが、サクラシメジ発生する時期は「コウタケ」も採り頃なのです。
そこで、毎年お決まりの畑に行ってみることにしました。
同行者は(写真に写っている)コウタケ、マツタケ、ホウキダケ専門の工藤さんです。
勿論、希林舘自然クラブのメンバーです。

dc091126(コウタケ).jpg
●コウタケ(イボタケ科)
9月~10月中旬にかけてマツ、ミズナラ、コナラの混生林地上に点々と生えます。
稀に2~3個固まって生えている場合があり、大きい物では傘が30cmにもなります。
落ち葉と土に紛れて見つけづらいので踏みつけてしまう場合があり、周囲をゆっくり見渡しながら探すことが収穫に繋がります。
近年は収穫量は激減しているため高級食材でとして認められ幻のキノコになりつつあります。

生で食べると胃腸系の中毒を起こすと言われているので
絶対に生では食べてはいけません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※参考:長沢栄史 監修の「日本の毒きのこ」から抜粋
毒成分は不明であるがその他の化合物としてコウスチン(抗アレルギー性多糖)セラミド類、ステロール類、テレホール酸(色素)を含み中毒症状:下や喉の痺れ、発疹、排便時に肛門の痛みなどを起こす。
特に生で食べた場合は胃腸系の中毒を起こす。
ただし加熱することによって美味しいきのこである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

dc091129コウタケ2.jpg
●傘の裏(ヒダ)は針状になっています。
乾燥すると序々に黒くなり、およそ採り立ての重量より10分の1に重量になります。
乾燥物のコウタケの方が生のコウタケより価格より10倍高値で取引されます。
dc091124コウタケ3.jpg
●計画通りに狙った「コウタケ」が採れて満足、得意げな工藤さんの笑顔です。

おいしい ランキング

投稿者 kirinkan : 2007年09月13日 00:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kirinkan.biz/mt-tb.cgi/753

コメント

写真からも”香り”が漂ってきそうですねー。
とってもウラヤマシイです。私もこの週末から、本格的に探しはじめようと思います。

投稿者 天然食材探し : 2007年09月13日 10:10

はじめまして。
コウタケはとても香の強いきのこですよね。
道の駅などで売っているときがありますが食べ方がわかりません。
きのこの紹介のほか、おススメの食べ方なんかアップしていただけると大変参考になりますm(__)m

投稿者 黒霧 : 2007年09月14日 06:44

荻田さんへ
ちょっと山に2日も行かないと腐っていたり、採られていたりして収穫が思うようにいきません。特に今年のコウタケは半分以上が腐って溶けていました。かといってまだ小さいものはないかというと・・これからというものもけっこうあります。
本番はこれからですね。

投稿者 昆寛 : 2007年09月15日 13:41

黒霧さんへ
コメントありがとうございます。
できるだけキノコのレシピをUPするようにします。
レシピといっても岩手の田舎ものですのでシンプルな料理方法になります。
コウタケは乾燥させてから戻してコウタケご飯が一番おいしい食べ方ですが生で食べてはいけませんが炭火で塩を振って食べるとシンプルですが大変美味しいです。

投稿者 昆寛 : 2007年09月15日 13:52

コウタケ香りよく美味しいキノコですよね~
ぼくもそろそろ、キノコ山へ出発しようかと考えています。

今年は、暖かめでキノコ探しも気分乗らないです(^ω^)

投稿者 じもら~ : 2007年09月24日 01:19

じもら~ さんへ
コメントありがとうございます。
今年は変な現象が起きています。
10月後半から出るナメコが出たことです。
一時期急激に冷え込んだ時が数日続いたせいかもしれません。
出た場所が全てのポイントではないので10月後半には本格的に出るでしょうが・・・・。
温暖化のせいかもしれませんね!

投稿者 昆寛 : 2007年09月25日 00:25